「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」の創始者・ひろゆき氏がニュース番組「ABEMA Prime」で発言した「電話不要論」がインターネット上で大きな話題となったことをはじめ、新しい働き方に対する論争が多く巻き起こっている昨今。
 

オールアバウトは、仕事に関する無駄をテーマにアンケートを実施。今回は「無駄だと思う仕事ランキング」を発表します。

※アンケートは全国各地278名を対象に実施
※男女比:男性 94名/女性 180名/その他 1名/回答しない 3名
※年齢比:10代 2名/20代 58名/30代 102名/40代 69名/50代    40名/60代 7名

 

1位は「残業」

それでは結果を発表します。こちらに示しているのは、会社で発生する主な業務について、無駄だと思う仕事を複数回答可で選択してもらったものです。

TOP3は以下の通りです。

1位:無駄な残業
2位:ハンコでの承認作業
3位:朝礼

>>4位は意外とやってしまいがちなアレ!全ランキングはコチラ

1位は134票で「無駄な残業」でした。

先輩が残っていると自分の仕事が終わっていても帰りずらい風潮があります。また、残業しないということは仕事量が少ないと思われて、仕事を増やされそうで帰りにくいというのもあります。(建設・不動産 39歳 女性)

残業文化があるかぎり業務の効率化、簡素化が遅れると思う(食品・飲食 28歳 男性)

コメントには、同僚や先輩など周囲に合わせて無駄な残業が発生しているという声が多く寄せられました。こうした残業文化が常態化してしまうと、業務の効率化や簡素化への意識も低くなってしまうかもしれません。

 

第2位は「ハンコでの承認作業」

ハンコでの承認は時間がかかるため。実際に勤めている会社だと稟議書が承認されるまでに6名のハンコによる承認が必要。誰かが出張で不在の場合、その分承認が遅くなる。(食品・飲食 29歳 男性)

2位は、101票で「ハンコでの承認作業」でした。今、日本で進められようとしている「脱ハンコ」ですが、現実的には未だ多くの企業において「ハンコの承認作業」は残っているようです。
 

新型コロナウイルスの感染拡大によって外出自粛が呼びかけられるようになった一方で、承認をもらうために出社をせざるを得ない人がいるといったニュースを目にしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

 

第3位は「朝礼」

朝礼での時事ネタスピーチが一番不要。朝一番忙しいのに聞いている人もいないし立たされているだけで具合が悪くなります。(金融 48歳 女性)

朝礼は業務時間を割いて偉い人の訓示を聞く意義が見出せないからです。(エンタメ・レジャー 43歳 女性)

3位は79票で「朝礼」でした。朝礼でなにを行うかは企業によって異なりますが、上述のようなスピーチを聞いたり話したりする時間に意義を見いだせないと回答する人は多くいるようです。
 

あなたの勤める会社では、「無駄だ」と感じる仕事はあるでしょうか。とらえ方によっては必要な仕事であることもありますが、無駄だと感じる場合はよりよくなるように、自ら改善提案することも1つの手段かもしれないですね。