2021年7月16日に、最新作『竜とそばかすの姫』を公開した細田守監督。『竜とそばかすの姫』は7月15日のカンヌ国際映画祭でも上映され、10分以上にもわたるスタンディングオベーションを受けました。『サマーウォーズ』から進化を遂げたインターネット世界の描写や美しい歌声、そして現代のSNS社会に訴えかける強いメッセージ性が評価され、早くもヒットの予兆を見せています。

細田守監督と並んでよく名前を挙げられるのが、新海誠監督。彼がこれまで世に送り出してきた『君の名は。』や『天気の子』などの作品は、日本の興行収入の歴史を幾度も塗り替えています。

vivianeは7月20日、細田守監督のアニメ映画に関する調査から、「細田守監督と新海誠監督、どちらの映画が好み?」という項目の回答結果を発表。調査は、全国10〜60代の男女500人を対象に、6月22〜25日の期間で、インターネットにより実施しました。
 

細田守監督が261票獲得! 「現実逃避できる夢のようなストーリー」

細田守監督が52.2%と、過半数を占める結果に 出典:1screen
「細田守監督と新海誠監督、どちらの映画が好み?」という質問に対して、エンタメファン500人の回答結果では261票を獲得し、細田守監督が過半数を占める結果となりました。

「完全に現実逃避できる夢のようなストーリーが多いので、観ていて楽しい(20代女性)」「キャラクターの性格や表情が分かりやすく魅力的。彼らの動きに躍動感があり、シンプルな絵柄ゆえにその緩急を気持ちよく観ることができる(20代女性)」「あえて選ぶなら細田監督。ストーリー展開が好き。わくわくするようであり、切なくもある。大人から子どもまで楽しめる作品が多い(30代女性)」「ファンタジーだけど、どの作品も出てくる人達が悩みを抱えながらも自分と向き合って、自分なりの生き方を見つけていくところが好き(30代女性)」など、細田守監督支持者からは、このようなコメントが寄せられました。
 

「リアルよりも美しい」239票獲得の新海誠監督映画の魅力

239票獲得で47.8%から支持された新海誠監督派からは、「1つ1つの作画がきれいで、特に水の表現の仕方がとても印象的。ストーリーも『君の名は。』や『天気の子』のように恋愛も含まれており、観ていて飽きず最後まで楽しむことができる(20代女性)」「映像が美しく、世界観に入りやすい。風景や天気などで心理描写を感じることができる(30代女性)」など、映像美を絶賛する声も多数あがりました。

また、「音楽での映像表現も好みで、観ていて気持ちいい作品が多い(30代男性)」「主人公以外のキャラが生き生きしていると思う。またどの作品も天気が大きく左右する作品で、壮大感があって引き込まれやすい(40代女性)」など、総体的な評価コメントも多く寄せられました。

【おすすめ記事】
好きな細田守監督のアニメ映画ランキング! 2位『時をかける少女』、1位は……?
好きなアニメ映画人気ランキング! 3位「もののけ姫」、2位「鬼滅の刃」、1位は?
アニメ・漫画好き300名が選んだ! 実写化が成功したと思う作品2位は『銀魂』、1位は?
10代が選ぶ、泣けるアニメTOP10! 3位は「君の名は。」、2位は「聲の形」、1位は?

【関連リンク】
1Screen
プレスリリース