ネクストレベルは7月16日、「社内恋愛」についてのアンケート調査結果を発表しました。調査は、社内恋愛経験がある、または現在社内恋愛中(既婚者との恋愛は含まず)の20歳以上の男女271名を対象に、2021年5月17~31日の期間でインターネットにより実施。社内恋愛ならではのメリット・デメリットについて、経験者に聞きました。
 

社内恋愛でよかったことTOP3! 1位は「スケジュールが把握しやすい」

社内恋愛でよかったことTOP3!
「社内恋愛でよかったと思うこと」として、当てはまるものをすべて選んでもらった結果、経験者の55%が社内恋愛のメリットだと感じていることは、「お互いのスケジュールを把握しやすい」でした。次いで、2位が「相手の仕事の様子を知ることができる」、3位「勤務時間が一緒なので勤務後も会いやすい」が続きました。
 

社内恋愛で困ったことランキング! 「特にない」が約3割で1位 

社内恋愛で困ったことランキング! 
「社内恋愛で困ったこと」の1位は「特にない」でした。次に多かった回答は「業務で異性と接しているのに、恋人に嫉妬される」(19.2%)、「プライベートで気分転換ができない」、「会社の飲み会などでもハメを外せない」が続きました。

また「周りに恋人とのことでからかわれる」「仕事なのにイチャついていると誤解される」など、周りの対応や反応に対して困っていると回答した人も、合わせると42.3%を占めました。
 

社内恋愛はオープンにする? 秘密にする?

社内恋愛はオープンにする? 秘密にする?
調査結果では、43.2%の人が社内恋愛を「秘密にしている」と回答。「特定の人のみ」も含めて社内恋愛を「オープンにしている」人は56.8%でした。

オープンにしている理由は、「知られても問題がない」「秘密にしておくことが面倒」の回答を合わせて65.4%の人が「秘密にする必要がなかった」からのようです。「秘密にしたかったが知られてしまった」という人が27.3%いる一方で「ライバルをけん制するため」「恋人との交際を周囲にも知らせたい」など、意図的にオープンにしたという人もいました。
 

社内恋愛が「意図せず知られてしまった」ことで思わぬ影響も?

「意図せず知られてしまった」人に、社内恋愛が知られたことで困ったことはなかったか尋ねたところ、「特に困ったことはなかった」「困ることはなかったが気まずかった」の回答を合わせて、78.8%の人に関しては大きな影響はなかったようです。

一方で、「業務に支障が出てしまった」(12.1%)、「片方または両方が、別部署や支店に異動となる」(3.0%)など、大きな影響が出てしまったケースも。また、意図せずに社内恋愛を知られてしまったことが、「結果的に別れの要因になった」と回答した人もいました。
 

 社内恋愛が「出世や処遇に影響する」……「社内恋愛禁止」の会社も!

社内恋愛を「秘密にしている」人が理由として挙げたのは、「気まずいから」(41%)が最も多くトップでした。中には、「業務に影響がでる」(18.8%)、「出世や処遇に影響する」(8.5%)といったビジネス上の対外的な理由も。また「社内恋愛が禁止」(7.7%)という回答も見られました。

【おすすめ記事】
結婚に意欲的なのは「年収300万未満」と「年収800万以上」、どっち?
女性が「仕事を辞めてもいい」と思える結婚相手の平均年収、2位「800~1000万円」、1位は?
コロナ禍での結婚式事情……「結婚式予算を100万円以内に抑えたい」回答は3人に1人
「正社員・年収400万円以上」の男性と結婚したいです。高望みですか?

【関連リンク】
プレスリリース