スタジアムで応援歌を歌えなくなって、早1年。応援歌で選手を思い切り応援できる日はいつ来るのかと、待ち侘びている方も多いでしょう。

そこでスポーツナビ野球編集部では、「プロ野球ファンが選ぶ! 心の中で熱唱したい選手応援歌」というテーマでスポーツナビユーザーを対象にアンケートを実施。ファンが熱唱したい、選手の応援歌が明らかとなりました。
 

侍ジャパン期待の星! 1位は「東京ヤクルト/山田哲人選手」

心の中で熱唱したい選手応援歌ランキング
心の中で熱唱したい選手応援歌ランキングTOP3
堂々の1位に選ばれたのは「東京ヤクルト/山田哲人選手(22.6%)」でした。山田哲人選手は、7月に行われる侍ジャパン(東京五輪代表)に選ばれた日の丸を背負うメンバーのひとり。

野球ファンの、期待の星でもあります。そんな山田哲人選手の応援歌は、トランペットのソロからスタート。前奏は「山田哲人!」「山田哲人!」夢へと続く道「山田!」と、期待を込めた歌い出しが印象的です。

野球ファンからは、「山田哲人の前奏を歌いたい!」(10代男性)、「ファンファーレから歌えるから」(50代男性)との声が。2位と大差をつけて堂々の1位に。
 

2位はアップテンポな歌い出しで票を獲得した「千葉ロッテ/荻野貴司選手」

続く2位には熱狂的な応援で有名な「千葉ロッテ/荻野貴司選手」がランクイン。荻野貴司選手は、不動のリードオフマンとしてロッテの命運を握る選手。

バッターボックスに立った瞬間、スタジアムの熱気が一気に上昇します。「ラララ…」から始まる歌い出しは、野球ファンのジャンピングでスタート。

その後続く歌詞には、リズミカルなハンドタップが入り、初心者でもノリやすいと言われる人気の応援歌です。
 

3位には強打者として人気の高い「オリックス/吉田正尚選手」

3位にランクインした「オリックス/吉田正尚選手」もまた、侍ジャパンに選ばれており、天性の素質を持つと言われている選手です。

吉田正尚選手の応援歌は、「通常ver.」「境地ver.」に加えて、奇数回・偶数回が分かれているというバラエティーの豊かさが特徴。オリックスファンたちの熱意が伝わってくる応援歌です。

また、4位にはこちらも侍ジャパンに選出された「ヤクルト/村上宗隆選手」。そして、なんと5位には期待のルーキーである「阪神/佐藤輝明選手」が選ばれました。
スタジアムで思い切り歌いながら応援できる日を胸にファンたちは、7月から始まる五輪に期待を寄せているようです。

【おすすめ記事】
「東京五輪」が予定通り開催されたら「観戦する」人は何割?
東京五輪について不安なことは? 7割以上が「変異ウイルスのまん延」と回答
高校生が好きなスポーツランキング、男女ともに1位は?
「好きなスポーツ選手」ランキング! 2位は引退したイチロー、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース