梨をよく食べる街ランキング1位は千葉ではなく…? 2位と大きな差をつけた梨大好きな街はあの市

7月4日は「梨の日」。日本では多くの人に好まれ食される梨ですが、全国でどの街が最も梨を消費しているか知っていますか?今回は、総務省「家計調査」より、「梨の購入数量が多い街」ランキングを発表します。

7月4日は「梨の日」

7月4日は「梨の日」。鳥取県東郷町(現:湯梨浜町)の「東郷町二十世紀梨を大切にする町づくり委員会」が2004年(平成16年)に制定しました。
 

日本では多くの人に好まれ食される梨ですが、全国でどの街が最も梨を消費しているか知っていますか?
 

今回は、総務省「家計調査」より、「梨の購入数量が多い街」ランキングを発表します。

 

鳥取市が圧倒的な差で1位

それでは結果を発表します。下に示しているのは、1世帯当たりの梨の購入数量を、その街の平均世帯人数で除算し、1人当たりの購入数量を試算したものです。

TOP5は以下の通りになりました。
 

1位:鳥取市 3335.8g
2位:富山市 2095.3g
3位:新潟市 1742.9g
4位:秋田市 1690.9g
5位:津市 1620.2g

>>千葉県は何位?6位以降はコチラ

1位は、鳥取市で3335.8gという結果になりました。2位の富山市(2095.3g)からは1000g以上の大きな差がついています。梨1つを300gとすると、年間11個は購入している計算になります。

 

生産量も多い鳥取市

梨といえば、千葉が有名なイメージがありますが、鳥取も梨の生産地として有名です。

グラフにある通り、最も割合が高いのは千葉県で1万8200トン。鳥取は6番目で1万500トンとなっています。梨の中でも、品種の1つ「二十世紀梨」の生産量は、鳥取市が日本一。平成30年の二十世紀梨の主要消費地域における卸売数量は4380トン。中でも、鳥取県産の卸売数量は3125トンと、全国1位のシェアとなっています。
 

これから旬の時期が訪れる梨を、ぜひ試してみてください。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化