ぎょうざにお金を使っている町ランキング 3位「宮崎」2位「宇都宮」1位は2年ぶりに首位に返り咲いたあの街

ぎょうざをよく食べる街ランキングは度々話題に上がりますが、最新のデータをご存じですか?今回は、総務省「家計調査」から、2020年の1人当たりのぎょうざの支出金額が多い街ランキングを発表します。

日本一の「ぎょうざ(餃子)」の街は?

浜松市か宇都宮市かそれとも違う街か。
 

ぎょうざをよく食べる街ランキングは度々話題に上がりますが、最新のデータをご存じですか?
 

今回は、総務省「家計調査」から、2020年の1人当たりのぎょうざの支出金額が多い街ランキングを発表します。

 

ぎょうざ支出金額ランキング1位は「浜松市」

それでは、アンケート結果を発表します。こちらに示したのは1世帯当たりの支出金額を、その街の平均世帯人数で除算し、1人当たりの支出金額を試算したものです。

 

TOP5は以下の通りです。
 

1位:浜松市 1272円
2位:宇都宮市 1248円
3位:宮崎市 1227.1円
4位:京都市 1046.8円
5位:相模原市 939.1円

 

>>あなたの住む街は何位?全ランキングはコチラ!

 

2020年の年間支出金額ランキング1位は浜松市で、一人当たり1272円という結果になりました。一方、永遠のライバル、宇都宮市は2位で1248円とわずか24円の差。

ここ5年間を振り返ると、2016年の1位が浜松市、2017年宇都宮市、2018年浜松市、2019年宇都宮市と1年ごとに首位が入れ替わる一進一退の戦い。今回浜松市が再び首位を奪還しました。

 

第三のぎょうざの街「宮崎市」にも注目

さらに注目されているのが、お持ち帰りぎょうざの文化が根強い宮崎市。2位の宇都宮市とは約21円差で3位につけています。コロナ禍による需要の伸びから2020年前半の調査で全国1位を記録し話題になりましたが、年間ランキングでは惜しくも3位という結果でした。
 

ぎょうざ2強時代を脅かす宮崎市から、今後も目が離せません。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽