ぎょうざにお金を使っている町ランキング 3位「宮崎」2位「宇都宮」1位は2年ぶりに首位に返り咲いたあの街

ぎょうざをよく食べる街ランキングは度々話題に上がりますが、最新のデータをご存じですか?今回は、総務省「家計調査」から、2020年の1人当たりのぎょうざの支出金額が多い街ランキングを発表します。

日本一の「ぎょうざ(餃子)」の街は?

浜松市か宇都宮市かそれとも違う街か。
 

ぎょうざをよく食べる街ランキングは度々話題に上がりますが、最新のデータをご存じですか?
 

今回は、総務省「家計調査」から、2020年の1人当たりのぎょうざの支出金額が多い街ランキングを発表します。

 

ぎょうざ支出金額ランキング1位は「浜松市」

それでは、アンケート結果を発表します。こちらに示したのは1世帯当たりの支出金額を、その街の平均世帯人数で除算し、1人当たりの支出金額を試算したものです。

 

TOP5は以下の通りです。
 

1位:浜松市 1272円
2位:宇都宮市 1248円
3位:宮崎市 1227.1円
4位:京都市 1046.8円
5位:相模原市 939.1円

 

>>あなたの住む街は何位?全ランキングはコチラ!

 

2020年の年間支出金額ランキング1位は浜松市で、一人当たり1272円という結果になりました。一方、永遠のライバル、宇都宮市は2位で1248円とわずか24円の差。

ここ5年間を振り返ると、2016年の1位が浜松市、2017年宇都宮市、2018年浜松市、2019年宇都宮市と1年ごとに首位が入れ替わる一進一退の戦い。今回浜松市が再び首位を奪還しました。

 

第三のぎょうざの街「宮崎市」にも注目

さらに注目されているのが、お持ち帰りぎょうざの文化が根強い宮崎市。2位の宇都宮市とは約21円差で3位につけています。コロナ禍による需要の伸びから2020年前半の調査で全国1位を記録し話題になりましたが、年間ランキングでは惜しくも3位という結果でした。
 

ぎょうざ2強時代を脅かす宮崎市から、今後も目が離せません。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」