テレワークは週2日より毎日のほうが生産性UP? テレワークと生産性の関係には頻度が最も影響するとのアンケート結果

アーデントによる、テレワークによる生産性の変化の調査では、生産性が「80%に下がった」という回答が最多でした。テレワーク頻度が週に3回以上だと、生産性がアップしやすいようです。テレワーク時の生産性に影響する理由は「テレワークする環境」が第1位でした。

テレワークの生産性の変化、職種ではIT系の技術職、業種ではIT系や不動産・建設系が生産性アップ

職種別の生産性の変化
IT系技術職はテレワーク時の生産性が明確にアップ​
 
業種による生産性の変化
業種別ではIT系や不動産・建設系、マスコミ系で生産性アップ
 

テレワーク頻度による生産性の変化、毎日~週3回までは生産性アップ

テレワーク時と生産性の変化
週3回以上のテレワークは生産性を上げる


 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化