愛犬の「介護」について……「経験がある」飼い主は何割? 「排泄のお世話」「夜鳴き」介護で大変だったことも

できるだけ長生きして欲しい愛犬。そのために時には介護も必要になってきます。リアルなシニア犬介護の現状とは? シニア犬飼い主121人にアンケートを実施。

シニア犬になる前にしたかったこと、2位は「ドッグランに行く」、1位は……? 

愛犬がシニア犬になる前にしたかったことランキングTOP5

愛犬がシニア犬になる前にしたかったことランキングTOP5は、

1位「一緒に旅行する」24票
2位「ドッグランに行く」17票
3位「外で思いっきり一緒に遊ぶ」14票
4位「おでかけ(ドライブも含む)」12票
5位「もっとお散歩に行く」8票

という結果になりました。

ランキングでは他にも、シニア犬になると体調が不安定になり、時には大きな病気にかかってしまう可能性もあることから、「健康診断」「歯のケア」「目の治療」「食事の内容」といった、健康面の気遣いをしておけば良かったという人も多くいました。

多くの飼い主は、愛犬にしてあげなかった様々なことを後悔しているように感じられました。愛犬が若くて元気なときはいろいろなことを先延ばしにしがちですが、年老いてあまり無理ができなくなったと感じたときに後悔しないように、日頃から気をつけていたいですね。

>記事に戻る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】