JR横浜駅内「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」ワインもスイーツも楽しめる大人のための空間が魅力

JR横浜駅内「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」は、ディック・ブルーナのイラストに囲まれながら、ワインや食事、スイーツを楽しめるワインバル&カフェレストランです。雰囲気の異なる2つのスペースや時間帯ごとに異なるメニュー、予約方法を紹介。

ディック・ブルーナ テーブル 横浜 外観

JR横浜駅内にオープンした「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」。ディック・ブルーナのイラストに囲まれながら、ワインや食事、スイーツを楽しめる空間は「癒される」と人気となっています(提供画像以外は筆者撮影)。
 

ディック・ブルーナ テーブルについて

ディック・ブルーナ テーブル 横浜 内観


ディック・ブルーナ テーブルは、ディック・ブルーナの世界観を楽しめる、ワインバル&カフェレストラン。
 

ディック・ブルーナの名を冠した店舗でワインをはじめとするお酒を提供するのは世界初ということで、神戸に第1号店がオープンした際、大きな話題となりました。
 

2号店となる「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」がオープンしたのは、2021年3月のこと。場所は、JR横浜駅南改札内にあるエキュートエディション横浜ということで、たいへんアクセスが便利なロケーションです。
 

オープン当初は事前予約が必要でしたが、新型コロナウイルス対策状況により、空いていれば当日でも入店可能な場合もあります。
 

テーブル席は雰囲気の異なる2つのスペースを展開

ミッフィーと一緒に座れるテーブル席

店内には、テーブル席とカウンター席があります。2名以上で座席予約が可能なテーブル席は、ミッフィーと一緒に座れるカラフルな雰囲気のスペースとブラック・ベアのイラストが楽しめるシックなスペース(奥)の2種類。
 
ブラック・ベアの作品に囲まれたスペースも


予約時には選べないので、どちらの席になるかは当日のお楽しみ。カーテンで仕切られているので、それぞれ異なるディック・ブルーナの世界観を堪能できます。
 

1名で座席予約する場合は、カウンター席へ案内されます。ひとりで訪れても楽しめるのがうれしいですね。
 

座席予約はネットでの受付で、1グループ90分制。当日受付も可能です。15分刻みで時間が選べるので「この後、行きたい」と思った時、すぐ後の時間が空いていれば予約して席を確保すると安心です。
 

時間帯ごとに楽しめるメニューを展開

ランチタイム(11:00~15:00)、カフェタイム(15:00~)、ディナータイム(17:00~)のそれぞれで楽しめるメニューを提供。
 

ランチタイムで人気なのは「おとなのためのお子様ランチプレート」。ミッフィーの形に盛られたライスと、色とりどりの料理を盛り合わせたプレートがセットになっています。

アフタヌーンデザートセット(3000円/2名分、ドリンク付、カフェタイムに提供)
アフタヌーン スイーツセット(3000円/2名分、ドリンク2杯付、カフェタイムに提供)


カフェタイムの「アフタヌーン スイーツセット」は1日限定10食。オリジナルのミッフィーホルダーに2人分のスイーツが盛り付けされています。内容はシェフのおまかせで日によって変わります。大人が楽しめるアフタヌーンワインセット(ワイン2杯付)も用意されています。
 

いずれも2名分のボリュームですが、1名でもオーダー可。実際にひとりで楽しむ方もいるそうです。

思わず動画を撮りたくなる「桜の木のスモークに包まれた鴨肉のロースト(1,848円)」はディナータイムの人気メニュー(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)
思わず動画を撮りたくなる「桜の木のスモークに包まれた鴨肉のロースト(1848円)」はディナータイムの人気メニュー(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)

食事メニューは、ディック・ブルーナが生まれ育ったオランダの郷土料理を取り入れたものも。ワインタップからサーブする樽出しワインは、ソムリエのセレクトで随時銘柄が変わります。
 

テイクアウトにも対応、グッズの販売も

物販スペース

オープン時はレストラン利用者に限られていた物販スペースへの入店ですが、現在は物販スペースのみの来店も可能となっています。(新型コロナウイルス対策状況により変更となる可能性もあり)
ミッフィーシュガーや缶のお菓子〈ホワイトチョコラスク〉はYOKOHAMA限定カラーの青いパッケージ(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)
ミッフィーシュガー(1200円)や缶のお菓子〈ホワイトチョコラスク〉(1318円)は横浜限定カラーの青いパッケージ(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)


人気なのは、ミッフィーシュガーやトートバッグなど横浜店限定商品。そのほか、レストランで使われている食器やミッフィーホルダーなども販売されています。

横浜店限定トートバッグに新色(チャコール、青)が登場(2,860円)(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)
横浜店限定トートバッグに新色(チャコール、青)が登場(各2860円)(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)
ディック・ブルーナのイラスト入りのオリジナルラベルワインは「おウチ飲み」需要の高まりでボトルで購入する方が増えているとのこと
ディック・ブルーナのイラスト入りのオリジナルラベルワインは「おウチ飲み」需要の高まりもあり、ボトルで購入する方が増えているとのこと


テイクアウトにも対応しています。「本日のカスクート(650円)」「本日のスープ&パンセット(650円)」のほか、コーヒー(ホットorアイス 420円)などのドリンクが用意されています。

1ドリンクもしくは1スープと1フードを購入すると、可愛らしいミッフィーキャリーバッグに入れてもらえます(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)
1ドリンクもしくは1スープと1フードを購入すると、可愛らしいミッフィーキャリーバッグに入れてもらえます(画像提供:ディック・ブルーナ テーブル 横浜)

駅ナカの施設でふらりと立ち寄れる「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」。ディック・ブルーナのイラストにふれて、癒されては。

© Dick Bruna Illsutrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2021  www.miffy.com

 

「Dick Bruna TABLE YOKOHAMA(ディック・ブルーナ テーブル 横浜)」店舗情報

住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-1 エキュートエディション横浜
TEL:045-620-0708
営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:00)※当面の間は20:00閉店、酒類の提供なし
定休日:なし
アクセス:JR横浜駅南改札および中央南改札内
URL:https://dickbrunatable.com/
※改札外から利用する場合は、JR東日本 横浜駅を区間に含んだ乗車券類、または、入場券類(140円)が必要


【おすすめ記事】

横浜の昭和レトロな喫茶店7選


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」