梅雨時の愛犬との過ごし方! 雨の日は「散歩に行かない」派は6割以上、愛犬のストレス解消法は?

アニコム損害保険は、全国の犬の飼い主4352名を対象に「梅雨時の愛犬との過ごし方」についてのアンケート調査を実施。雨の日の散歩についてや愛犬のストレス解消方法、梅雨時に気になる症状についてなど、梅雨時の愛犬とのおうち時間について調査しました。

アニコム損害保険は6月3日、「梅雨時の愛犬との過ごし方」についてのアンケート調査結果を発表しました。同調査は、全国の犬の飼い主4352名を対象に、2021年5月12~18日の期間でインターネットにより実施。コロナ禍でおうち時間が増える中、梅雨時はさらに愛犬のおうち時間が増えます。梅雨時の愛犬の気になる症状や、ストレス解消法なども調査しました。
 

雨の日でも「散歩に行かない」派の理由TOP3……1位は「家の中で排泄ができるから」

雨の日は「散歩に行かない」と回答した人の「雨の日に散歩に行かない理由TOP3」
雨の日は「散歩に行かない」と回答した人は、全体の2/3にあたる66.1%でした。雨の日は散歩に行かない理由として、「家の中で排泄ができるから」(27.5%)が最も多く、次いで「散歩後のケアが大変だから」(21.6%)が続きました。
雨の日でも「散歩に行く」と回答した人の「雨の日に散歩に行く理由」
一方、雨の日でも「散歩に行く」と回答した人の理由は、「家でうんち、おしっこができないから」といった、「愛犬の排泄のため」がTOP2に挙げられました。
 

梅雨時、ストレスを感じている犬は約半数! ストレス解消法は「スキンシップ」など

梅雨時の愛犬の「ストレス解消方法」
散歩が減ってしまう梅雨時に、愛犬が「ストレスを感じていると思う」と回答した人は51.5%。「感じていると思わない」人とほぼ半数で分かれました。梅雨時「ストレス解消方法」の1位は「いつもよりスキンシップを増やす」(33.2%)。次いで、「いつもよりおもちゃなどでたくさん遊ぶ」(27.9%)でした。
 

気になる愛犬の「皮膚や耳の症状」、診療件数も7月に増加傾向

愛犬の皮膚や耳の症状が気になる人が2割前後
梅雨時の愛犬の体調面では、「気になることは特にない」と回答した人が44.4%だったものの、「皮膚の症状が気になる」(21.1%)、「耳の症状が気になる」(19.9%)と、それぞれ約2割の方が、犬に多くみられる症状を気にしていることがわかりました。
皮膚疾患の診療件数の月別推移:家庭どうぶつ白書2018より
アニコム損保の保険金請求データによると、皮膚や耳の症状による診療件数は7月に増加する傾向があります。梅雨時の6月頃から症状が気になり始め、その後通院するといった人が多いのかもしれません。
 

梅雨時の「愛犬とのおうち時間」を楽しく過ごす工夫は?

「梅雨時に愛犬と楽しく過ごすためにしている工夫」の中で、「家の中での過ごし方」の工夫では、「ボール遊び」「ひっぱりっこ」など王道の遊びのほか、「知育トイを活用する」「時間をかけてマッサージしてあげる」などの回答も見られました。また、「部屋の湿度をコントロールする」といった環境面での工夫も挙げられました。

梅雨時の「外出の仕方」の工夫では、「ドライブをする」「屋内ドッグランに行く」「小型犬なのでスリングに入れて外に出る」など、雨でも愛犬が気分転換できるような方法が多く見られました。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望