「DEAN & DELUCA」の新作マリトッツォ! それは、フルーツとクリームが美味しすぎる至福のデザートでした

美味しいパンに定評がある「DEAN & DELUCA」から、待望の新作マリトッツォ! 「ティラミスバナナ」と「ピスタチオ&エスプレッソチョコレート」の2商品が4月29日から限定販売中です。今回は「マリトッツォ ティラミスバナナ」の実食レポをお届けします!

2021年話題のスイーツ「マリトッツォ」。コーヒーにぴったりなアメリカンペストリーや食事向けのシンプルなパンなど、美味しいパンに定評がある「DEAN & DELUCA」から、待望の新作2商品が発売されています。

「DEAN & DELUCA」の新商品「ふたつのマリトッツォ」(公式サイトより)

2021年3月から発売されていた「DEAN & DELUCA」のマリトッツォ。今回の新作は4月29日から、なくなり次第終了の限定販売です。いつ購入できなくなるかわからない焦りとともに、「DEAN & DELUCA 新宿店」へ!

「DEAN & DELUCA 新宿店」(筆者撮影)

公式サイトの写真のイメージで、小ぶりなパンを探して店内をぐるぐる……すると、イメージより1.5倍ほど大きい新作マリトッツォを発見! 直径は9cm、高さは6cmほどで、ちょっとしたハンバーガーくらいの大きさです。今回のマリトッツォには求めていなかった、お得感まであるなんて……。
 

「マリトッツォ ティラミスバナナ」をいただきます!!

新作2商品のうち、「マリトッツォ ティラミスバナナ」を購入しました。ついでに3月1日から販売されている「マリトッツォ ストロベリー」も……。

この「マリトッツォ ティラミスバナナ」は、「DEAN & DELUCA」のマーケット店舗としては、六本木・品川・有楽町・新宿・恵比寿・広尾・八重洲・アトレ川崎・シァル横浜店で販売されています。

バナナの濃厚な香り……「マリトッツォ ティラミスバナナ」(筆者撮影)

テイクアウトでは、マリトッツォが1つ1つパッケージに入っているのですが、フタを開けるとバナナの濃厚な香り! 続いて、ブリオッシュの香ばしい香り……食べる前から、にやけてしまうほど美味しそうな香りです。クリームの垂れ方も、ずっと飾っておきたいぐらいの素晴らしさ。

まず、芸術的なマスカルポーネクリームを。ちゃんと甘く、でも甘すぎない、そしてマスカルポーネの爽やかさ、くどくない……美味しい!! うっかりクリームだけ食べ尽くしそうな、言うことなしの美味しさです。

香ばしい香りがたまらない! 口溶けのいいブリオッシュ(筆者撮影)

そして、ブリオッシュ。ブリオッシュの生地はキメが粗くて、ともすればパサパサに感じてしまいがちなパンですが、このブリオッシュ生地にコーヒーフレーバーのチョコシロップが染みていまして……口溶けなめらか。クリームと食べても一緒に溶け、もしやと思い、パンだけ食べても溶けました。さすが「DEAN & DELUCA BAKERY」!
 

美味しさのポイントはとにかく「バナナ」! 人生イチ美味しいバナナかも

このバナナが美味しすぎる!(筆者撮影)

ただ、驚いたのはこのあとでした。……バナナ。バナナがクリームよりしっかり際立って甘いのです。思い起こせば、バナナクレープやバナナワッフル、バナナ系デザートの中で、バナナがクリームより甘いってこと、あっただろうか……(甘さ超控えめクリームは別として)。かといって全体的に甘ったるいわけではなく、人生イチ、バナナ美味しい! と感じました。

クリーム、ブリオッシュ、バナナを一緒に口に入れれば、想像通り、「バナナティラミス」の完成というわけです。割と大きなサイズだったので、まずは半分……と切り分けたのに、結局1個(本当は2個)食べてしまいました。「美味しいもの食べちゃったな~」という満足感に満たされます。
 

希少な「マリトッツォ ピスタチオ&エスプレッソチョコレート」

今回、「DEAN & DELUCA」は「ふたつのマリトッツォ」をリリースしており、もう1商品は「マリトッツォ ピスタチオ&エスプレッソチョコレート」です。

「マリトッツォ ピスタチオ&エスプレッソチョコレート」(公式サイトより)

こちらは、マーケット店舗、カフェ店舗を合わせて全国8店舗での販売。さらに希少価値の高いマリトッツォです。たっぷりのピスタチオクリームに、エスプレッソ入りのホワイトチョコレートがアクセントになっている、大人のスイーツ感たっぷりのマリトッツォ。こちらもコーヒーがよく合いそうです。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」