ニフティは、運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」にて、「なりたい職業」に関する調査を実施し、4月14日(水)に調査レポートを公開しました。どのような職業が今の小学生・中学生に人気だったのでしょうか。調査は、2021年3月1日(月)~3月31日(水)の期間に、小中学生を中心とした子どもたち2448人を対象におこなったものです。
 

小中学生がなりたい職業1位は「マンガ家・アニメーター」

なりたい職業ランキング(全体)

調査では、小中学生がなりたい職業ランキング全体で「マンガ家・アニメーター・イラストレーター」が唯一10%を上回り1位という結果になりました。また、全体3位に「声優」がランクインしていることから、アニメやマンガに関する職業が全体的に人気であることがわかります。人気アニメの大ヒットが記憶に新しいですが、昨今ではアニメやマンガが幅広い層に親しまれており、子どもの憧れの職業になっていることが伺えます。

また、全体の2位は「学校の先生」ですが、中学生だけのランキングでは、10%で1位にランクイン。「学校」という空間と「教師」という職業が、身近な憧れの存在として良い影響を与えているのではないでしょうか。

その職業になりたい理由・きっかけは「自分に向いていると思う」が1位に

その職業につきたい理由(小学生)

その職業につきたい理由(中学生)

次に、「その職業になりたい理由・きっかけ」の調査を行いました。結果は、全体を通して「自分に向いていると思う・好きなことだから」が1位となっています。一方で、家族・親戚の「職業」への影響力が、それほど強くないことがわかる結果となりました。
 

親から勧められた職業は「医者」「公務員」が上位

親から勧められた職業ランキング

親から勧められた職業を調査したところ、「医者」が19%と最も多くトップでした。次いで、「公務員」「看護師」が18%と僅差で続いています。親としては、安定した収入を得ることができる職業に就いてほしい気持ちが伺えます。一方、子どもたちは、好きなことや憧れていることをなりたい職業として挙げている傾向があり、親子間でのギャップが垣間見える調査結果となりました。

【おすすめ記事】
「子どもがなりたい職業」にもコロナ影響!? 1位はYouTuberではなく…
Z世代がなりたい職業1位は「インフルエンサー」! 憧れの人は「ふくれな」
小学1年生が「将来就きたい職業」ランキング上位が変動!
高校生約20万人が選ぶ「大学人気ランキング」 国立1位は東大、2位は?
卒業式や入学式の「来賓いらない」がSNSで話題に。参加者の本音は?

【関連リンク】
キッズ@nifty(ニフティ)