2021年夏のボーナス予測 公務員は平均66万1100円で9年ぶりに減少、民間企業は?

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは「2021年夏のボーナス見通し」を発表しました。民間企業(事業所規模5人以上)のボーナス支給額は、前年比-2.3%の平均37万4654円、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)のボーナス平均支給額は前年比-2.8%の66万1100円と、9年ぶりに減少すると予測しています。

2020年冬のボーナス、1人当たり支給額は減少

2020年冬のボーナス実績(出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

厚生労働省「毎月勤労統計調査」によると、民間企業(事業所規模5人以上)における2020年冬のボーナス1人当たり支給額は、前年比-2.6%と、2年連続で減少しました。

事業所に雇用される労働者も含めた全労働者の1人当たりの支給額では、同-6.1%と低下幅は拡大。ボーナスを支給した事業所の割合(前年差-3.4%ポイント)については1990年以降で最大の低下幅を記録し、2020年冬のボーナスは見かけよりもかなり厳しい結果だったと判断されます。

ボーナス支給月数(所定内給与に対する比率)は1.05カ月分(前年差-0.04カ月)と減少が続きました。

業種別にみると、新型コロナウイルス感染症の影響がはっきりと表れ、宿泊業(前年比-20.8%)、飲食店(同-23.8%)や運輸業、郵便業(同-17.2%)、旅行業やテーマパークを含む生活関連サービス業、娯楽業(同-17.1%)といった対面型サービス業では、昨夏に引き続き減少幅が大きい結果となりました。


【関連記事】

貯金額「1000万円以上」の割合は? 年代別みんなのリアルな貯金額
リタイア時に安心できる貯蓄額平均は2550万円、現在の貯蓄預は?
夫が転職して困ったこと圧倒的1位は「収入の減少」、2位は?
正社員の平均初年度年収は449万円で前年比9.7万円増、業種別は?


【関連リンク】

2021年夏のボーナス見通し(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」