東晶貿易は4月12日、「夫が内緒で借金を作っていたことがある女性への実態調査」の結果を発表しました。夫が自分には内緒で借金を作っていたことがある、全国の20歳以上の女性207人を対象に、2021年3月25~31日の期間で、インターネットにより実施。夫の借金の金額や借金の利用用途などを調査しました。

夫の借金が発覚したタイミングには「金融機関からの連絡で知った」「明細を発見した」のほか、「親族から聞いた」「自白をした」などがありました。また、夫婦で新たに住宅ローンやショッピングローンを組もうとした際に審査に通らず、そこで発覚したというケースもあるようです。
 

夫の借金の金額、最も多かったのは「50万円まで」

夫の借金の金額。中には1000万円以上という人も

最も多かったのは、「50万円まで」(35.7%)、次いで「50~100万円まで」(24.6%)、「100~200万円まで」(13.0%)でした。金額が大きくなるにつれて割合は減っていくものの、奥さんに内緒で1000万円以上の借金を抱えていたケースもあることがわかりました。
 

夫の借金は何に使われた? 「ギャンブル・競馬」「趣味」「交際費」

借金を「ギャンブル」「趣味」に使う夫が約半数

夫の借金の利用用途は、「その他」(28%)が最も多く、次いで「ギャンブル・競馬」(24%)、「趣味」(18%)、「交際費」(17%)が続きました。

2位の「ギャンブル・競馬」では、「パチンコ」(~700万円・54歳・パートアルバイト)、「パチンコ・パチスロ」(~500万円・44歳・パート・アルバイト)など、多額の回答も見られました。3位の「趣味」では、「海釣りに凝って、毎週のように釣りに出かけていた」(~100万円・50歳・公務員)、「バイク」(~50万円・34歳・パート・アルバイト)、「パソコンゲーム機器」(~50万円・44歳・パート・アルバイト)など、用途はさまざま。4位の「交際費」では、「浮気」(~200万円・55歳・公務員)、「キャバクラとか」(~200万円・30歳・専業主婦)という回答も。
 

夫の借金発覚後、どう対処した? 「離婚」「債務整理中」まで

やはり「自分の責任できちんと返してもらう」という人が約4割

借金発覚後の対処として最も多かったのは、「旦那さん本人が返済をした(もしくは返済中)」(36%)でした。2位は「奥さんが返済した(返済中)」(14%)。「利子を払い続けたくないので自分が支払った(25歳・会社員)」「私が一括で返済し、夫の小遣いから毎月返してもらった。(35歳・会社員)」などの回答が見られました。
 

「夫婦だから協力するしかない(29歳・会社員)」、「夫婦共働きで返済した。(53歳・会社員)」など、「夫婦で協力して返済」(13%)が3位。「一緒にお金を返して完済したのにまた私に内緒でお金を借りて遊んでいた(47歳・パート・アルバイト)」「信用できなかった(37歳・会社員)」などの理由で離婚に至った人も10%で4位。「自己破産をしてマンションを手離した(54歳・パート・アルバイト)」「債務整理中(31歳・パート・アルバイト)」など、「返済ができず債務整理をした」夫婦も7%を占めました。


ギャンブルや趣味に使うために、奥さんに内緒で借金をしてしまった旦那さん。その後の夫婦の行く末なども考えると、想像以上に大きな利子がついてきそうですね……。

【おすすめ記事】
社会人になってから初めてお金を借りた理由ランキング
年収1000万円超えの人が選ぶ東京23区の「住みたい街」! 2位「新宿」、1位は?
33歳、出産後に夫の借金発覚!残り250万円を返済しながらもう1人は無理?
40歳子ども2人、貯金160万円。夫は7社から借金をして自己破産も検討中
32歳専業主婦。夫がギャンブルで作った300万円の借金が発覚


【関連リンク】
マネースタジオ(東晶貿易)