高校生がふだん持ち歩く金額はいくら? 高校生の”堅実”なお財布事情!

高校生はふだんどれくらいの金額を持ち歩き、財布にはそれぞれ何を入れているのでしょうか? LINEリサーチは日本全国の高校1年生~3年生のLINEユーザー男女1043人を対象に「高校生のお財布事情」について調査し、その結果を発表しました。

LINEリサーチは、日本全国の高校1~3年生のLINEユーザー男女1043人を対象に、ふだんの所持金やお財布の中に入れているものなどの調査を行い、その結果を発表しました。
 

高校生がふだん持ち歩く金額は「5000円未満」が約7割!

高校生がふだん持ち歩いている金額は「1000~2000円台」が最も多く35%、次いで「3000~4000円台」が29%でした。これに「1000円未満」と答えた10%を合わせると、ふだん持ち歩いている金額が「5000円未満」という人が74%、つまり全体で約7割と大半を占める結果に。


また、学年別にみると、持ち歩く金額が「1000円未満」の割合は低学年で、「5000円以上」の割合は高学年で高くなる傾向でした。学年に比例して持ち歩く金額が増えるのは、お小遣いアップや稼いだバイト代の貯金が増えてくることなどに影響するのかもしれませんね。
 

お金以外でお財布に入れているもの、 女子高生の1位は「プリクラ」! 男子高生の1位は……?

お金やレシート以外でお財布に入れているもの、高校生全体の1位は「クーポン券/割引券」

お財布に入れているものの全体1位は「クーポン券/割引券」で、男子高生で1位、女子高生も2位にランクイン。毎月のお小遣いを上手にやり繰りしたい高校生にとって、クーポンや割引券は外せないアイテムのひとつといえそうです。

全体2位は「プリクラ」で、女子高生では53.6%で堂々の1位。女子高生に人気の文化として、プリクラはまだまだ健在のようですね。3位は「おみくじ」、4位は「おまもり/お札」、5位には「過去の映画・イベントなどのチケットの半券」がランクインしています。半券は男女ともに4位に入っていますが、男子高生と比べて女子高生は割合が高く、特に高3の女子高生で高い結果に。最高学年になって持ち歩く金額も増えることから、映画館やイベントに行く機会も増えるのかもしれません。
 

お店で使えるポイント、「貯めている」との回答が約7割!

ポイントを貯めている高校生は全体の約7割! ポイントも駆使して上手にやり繰りしているのかも​​

お店で買い物をしたときなどに貯まるポイントやスタンプカードについて、全体の7割近くがポイントを「貯めている」ことがわかりました。名刺のようなショップカードだけでなく、スマートフォンアプリなどでもポイントを貯められるので、気軽に貯めている人が多いのかもしれません。

また、男子高生よりも女子高生のほうがポイントを貯める人が多く、特に高3の女子高生では76%が貯めていると回答しました。また、学年が上がるにつれてポイントを「貯めている」割合が若干高くなる傾向にあるそうです。

 

【おすすめ記事】

高校生は何時に起きて何時に寝ているの?

東大生は早くからこれを経験している! 1000人に聞いた幼少期の体験

大学ランキング日本版。1位は東大や京大ではなく…?

卒業式や入学式の「来賓いらない」が話題に。参加者の本音は?

東大生が就職したい企業ランキング!


【関連リンク】

プレスリリース(PR TIMES)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは