Twitterは11月11日、24時間で投稿が消える新機能「Fleet(フリート)」を日本で公開しました。Instagramの「ストーリー」などに似た機能で、タイムラインとは独立した場所に24時間で消える動画や画像、テキストを投稿できるものです。

タイムライン最上位にフォローしているユーザーのアイコンが表示され、タップするとその人のフリートを見ることができます

フリートは自分をフォローしているユーザーにしか表示されず、誰が見たのか既読で分かる仕組み。フリートを見たユーザーは「拡散(RT:リツイート)」や「いいね」ではなく、絵文字でリアクションができます。また、DM(ダイレクトメッセージ)を開放している相手にはメッセージを送ることも可能です。

フリートしたい場合は、自分のアイコン横にある「+」をタップ。テキスト、ツイート、写真、動画がフリートでき、背景などのカスタマイズができます
フリートしたい場合は、自分のアイコン横にある「+」をタップ。テキスト、ツイート、写真、動画がフリートでき、背景などのカスタマイズができます

Twitterによるとツイートはオープンでかつ過去の投稿も残るため、勢いに任せて投稿することを躊躇したり、リツイートやいいねをたくさん得ようというプレッシャーを感じたりする声が寄せられているのだそう。フリートは24時間しか表示されないため、「投稿したいけど、タイムラインにずっと残しておくのは……」「RTやいいね数が気になる」というユーザーでも気軽に投稿できそうです。

フリートのイメージ(Twitter Japanの動画より)

Twitterがブラジル、イタリア、インド、韓国で行った事前テストでは、フリートが会話への参加のハードルを下げていることが判明。フリートがあるほうが、より多くの会話がTwitter上で行われると確認できたそう。

フリートのイメージ2(Twitter Japanの動画より)

今後はフリートでライブ放送ができる機能などを予定しているとのことです。