ヨガとトレーニングの要素を融合させた「体幹&腹筋トレーニング」で、楽しくインナーマッスルを鍛えましょう! 1日たったの10分で、筋力だけではなく柔軟性も高めることができるので、姿勢の改善はもちろん、女性らしいしなやかなでメリハリのあるボディを実現することができます。
 

こんな症状におすすめ

  • 姿勢が悪く猫背になってしまう人
  • 疲労感を感じやすい
  • たるんだお腹
  • メリハリボディを目指したい

※注意点:初心者の方は、腰を痛めないようにお腹を引き込むことを意識しながら行ってください。
 

体幹&腹筋トレーニングのポーズをやってみよう

代謝をあげる「体幹&腹筋トレーニング」。1日10分、2セットからはじめてみましょう!
 

step 1. お尻が頂点の三角形を作り、かかとの上げ下げを繰り返す

マットに両手をしっかりついて、猫が伸びをするようにお尻を斜め上に突き上げます。そして、膝を伸ばしたまま、かかとの上げ下げを10回繰り返しましょう。

両足の親指の付け根に重心をのせ、内ももに刺激を与えるのがポイント。
 

step 2. 両手でマットを押し、頭からかかとをまっすぐに

肩の下に手首がくるようにし、頭からかかとまでを一直線にします。足裏で見えない壁を押すようにして下腹部を安定させましょう。
 

step 3. (2)の状態から腰骨をマットに近づけ、戻すを繰り返す

お腹とお尻に力を入れたまま、腰骨をマットに近づけるようにして、元の体制に戻すを5回繰り返します。目線は斜め上を見上げ体の前面を優しく伸ばしましょう。
 

step 4. (2)の状態から片膝を胸に近づけ、戻すを繰り返す

片膝を胸にぐっと引き付けたら、徐々に膝を伸ばしながら元の体制に戻ります。左右交互に10回行ってみてください。
 

step 5. 肘をついて頭からかかとをまっすぐにした状態をキープ

肩の下に肘をついて重心を低くし、頭からかかとまでが一直線なるようにお尻の高さを調節して、10秒間その状態をキープします。
 

step 6. (5)の状態からお尻の上げ下げを繰り返す

肘でマットを押すようにしてお尻を斜め上へ突き上げ、お尻の上げ下げを10回繰り返します。
 

step 7. (5)の状態からお尻を左右に動かす

肘をついたままお尻を少し持ち上げて、半円を描くようにお尻を左右に10回動かします。
 

今回は「体幹&腹筋トレーニング」をご紹介しました。短時間で手軽にできるこのエクササイズに取り組んで、スリムでメリハリのあるボディを目指しましょう。


教えてくれたのは……

SOELU(ソエル)は、自宅のパソコンやスマホを使ってヨガやピラティス・トレーニングなどを受けることができるオンラインフィットネススタジオ。インストラクターとリアルタイムにつながって行う双方向レッスンなので、自宅にいながら直接指導も受けられて臨場感たっぷり。毎日朝5時〜深夜24時まで、30分〜60分間のライブレッスンを毎日100クラス以上開講中。【インスタグラム@soelu_official