この夏おすすめ!コンビニで飲めるトレンドドリンク

ファミリーマートやローソンなどコンビニで手軽に買えるドリンクには、今年のトレンドを反映したものも。チーズティーやレモネードをベースにしたドリンクなど6月発売の新商品を紹介します。

コンビニで飲みたい! 2020年最旬ドリンク

コンビニドリンク

暑くなると、外出先でドリンクを飲みたくなりますね。コンビニでは今年注目のトレンドドリンクが続々登場しています。2020年6月に発売されたばかりの注目の3商品をご紹介します。
 

ファミリーマート「レモネードフラッペ(輪切りレモン入り)」

レモネードフラッペ
 ファミリーマート「レモネードフラッペ(輪切りレモン入り)」(税込298円)※沖縄以外で販売

近ごろ人気急上昇中のドリンクといえば、レモネード。全国各地に専門店がオープンしています。レモンの爽やかな酸味は夏にぴったりですね。

そんなレモネードを、シャーベット状のフラッペスタイルで味わえるのが、6月13日に発売されたファミリーマートの「レモネードフラッペ(輪切りレモン入り)」です。

カップにはレモン味の氷、さらに大きな輪切りのレモンがそのまま入っていて贅沢な感じ。これに店頭のコーヒーマシンで専用のミルクを注ぎます。氷はあらかじめよくもんでおき、ミルクを注いだ後はストローでよく混ぜるのがポイント。

氷にはレモンピールやレモン果汁が使われており、きりっとしたレモンの酸味がじつに爽快。はちみつのまろやかな甘さもほどよい感じ。シャリシャリした氷の食感も小気味よく、暑い日にゴクゴク飲みたいひんやりドリンクです。
 

ローソン「チーズティー」

チーズティー
ローソン「チーズティー」(税込350円)※全国のMACHI café 導入のローソン店舗で販売

ローソンからは話題のドリンク「チーズティー」が登場。チーズティーとは、台湾茶や紅茶のうえに、チーズフォームをトッピングしたもの。タピオカミルクティーと同じ台湾発祥といわれる新感覚ドリンクで、専門店も増えています。

ローソンのマチカフェで6月16日より販売されている「チーズティー」は、アイスティーがベース。チーズフォームは別の容器に入っていて、飲む直前に自分で注ぎます。

チーズフォームにはクリームチーズや生クリームを使用。フランス産ロレーヌ岩塩で塩味をきかせてあり、濃厚でコクのある甘じょっぱい味わいは、一度味わうとやみつきに! 少しずつ混ぜていくことで感じる味の変化もお楽しみ。専門店のような本格的な味わいです。
 

ローソンストア100「タピオカチーズティー」

タピオカチーズティー
ローソンストア100「タピオカチーズティー」(税込108円) ※ストロー付き

最後はローソンストア100で6月3日から販売されている「タピオカチーズティー」。こちらもチーズティーですが、ベースのドリンクはタピオカミルクティー。タピオカ用の極太ストローもついています。

カップ飲料なのでチーズはすでに紅茶のなかに溶け込んでいますが、チーズの酸味や甘みがほんのり感じられ、後味に感じる塩気も絶妙。インド産のアッサム紅茶の香りもとても上品です。さらにもちもちのタピオカも味わえて、一杯で何度も楽しい一品。

そしてなんといっても100円というリーズナブルな価格が魅力。トレンドのタピオカミルクティーやチーズティーをまずは一度試してみたいという人にもおすすめです。

話題のドリンクを気軽に試せるコンビニ。まずは気になったものから飲んでみてはいかがでしょうか。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望