あそこがムズムズかゆい……恥ずかしくて誰にも相談ができない……。デリケートゾーンのかゆみは、多くの女性が持つ悩みの一つです。

原因によっては病院での治療が必要なものもあります。誰にも言えずに我慢するといった間違った選択をしないように、デリケートゾーンのかゆみの原因と対策を解説します。

delicate_photo


 

デリケートゾーンのかゆみの原因は主に2つ

デリケートゾーンのかゆみは主にかぶれによる「接触性皮膚炎」と、細菌やウイルス、真菌に感染して起こる「感染症」があります。

原因によって使用するべき薬や対処法が異なるため、まず自分のかゆみの原因が何かをしっかりと判断する必要があります。


感染症・性病の心配がある時は病院受診を

たとえば、以下のような症状がある場合は感染症の疑いがあります。

  • かゆみの症状が強い時
  • おりものの状態がいつもと違う時
  • 性交渉の後にかゆみの症状が出た時
  • ヒリヒリする痛みがある時
  • 不正出血がある時
  • デリケートゾーンの他に症状(発熱や排尿痛など)がある時
     

かゆみの原因が感染症の場合は、原因菌に合った薬を使用する必要があるため、まずは病院を受診して原因をはっきりとさせましょう。

陰部のかゆみの原因の1つである膣カンジダ症は、性行為をおこなわなくても発症する感染症です。性行為の有無に関わらず、上記にあてはまる場合は病院を受診するようにしましょう。
 

日常生活で注意したいデリケートゾーンのかゆみ対処法

かゆみの症状がある程度軽いデリケートゾーンのかぶれであれば、以下のことに注意すれば自然に治っていくケースもあります。
 

■陰部を強く洗い過ぎない

強く洗うと皮膚のバリア機能が低下してしまい炎症が起こりかゆみが出やすくなります。特にデリケートゾーンの皮膚は他の部位の皮膚よりも薄いため敏感です。

泡で優しく洗う、デリケートゾーン用の石鹸を使うなど、皮膚への刺激を減らすようにしましょう。

■陰部を蒸らさない

蒸れは皮膚のバリア機能を低下させる原因の一つです。通気性の良い下着を着用する、生理用品はこまめに取り替えるなどを心がけるようにしましょう。
 

原因がはっきりしていれば市販薬もOK

現在、デリケートゾーンのかゆみに効く薬は市販薬としても販売されています。原因が下着や生理用品によるかぶれであったり、膣カンジダの再発だと分かっている場合(過去に医師から膣カンジダの診断を受けている人に限る)は、市販薬を使用するのも良いでしょう。


■この記事の執筆者について
児玉 亮二
薬剤師。購入前に薬剤師に相談できオンラインで薬を購入できるサービス、minacolor(ミナカラ)に所属。
ユーザーからの薬に関する相談に答える他、minacolorサイト上で薬に関する情報を発信しています。

■関連記事(ミナカラ作成)

デリケートゾーンのかゆみ・かぶれの原因|おすすめの市販薬を紹介 | minacolor (ミナカラ)

女性のデリケートゾーンのかゆみに効く市販薬を紹介します | minacolor (ミナカラ)