旦那さんも協力しやすいリンクコーデとは?

「ペアルックは恥ずかしいけれども、リンクコーデは挑戦してみたい」という声を耳にします。いつものお出掛けも新鮮な気分を味わえるでしょうし、写真に収めれば映えるはずです。とはいえ、「全身をすべて揃える」ことはよほど自信がなければできないもの。そもそも旦那さんが協力的ではないかもしれません。

そこで、今回は「これだったら挑戦してもいいかな?」と旦那さんも納得するワンポイントのリンクコーデ、3つのコツをお伝えします。
 

1. 「キーカラーを揃える」リンクコーデ

アクセントになる「差し色」を揃えるだけで、リンクコーデの雰囲気をググッと演出できます。ただし、同じアイテムで揃えるとあからさまですよね。アイテムを変え、色を揃えてみましょう。

たとえば、赤いソックスと赤いニット。赤色を旦那さんが嫌がる場合は、鮮やかなブルーやパープルでもいいかもしれません。差し色の中でも明るさが落ち着いているブルーやパープルなら、男性にとっても抵抗は少なめです。
 

2. 「柄の大きさを変える」リンクコーデ

柄を拾うコーディネートもリンクの基本ですが、このとき柄の大きさを変えると、旦那さんの抵抗感が薄れるのではないでしょうか。たとえば、ボーダー柄の太さやチェック柄の大きさを変えるといった感じです。

このとき、柄の色まで変わってしまうと統一感が損なわれてしまいますので、柄の色は統一したいところ。ただし、色を反転させた柄はアレンジとして遊び心抜群ですね。
 

3. 「小物を揃える」リンクコーデ

マフラーやグローブなど、小物アイテムを揃えるリンクコーデもオススメです。旦那さんにとっては、揃えているという意識が低くなり、抵抗感が薄れるかもしれません。

購入する際にはレディースの売り場ではなくメンズの売り場でアイテムをチェックしましょう。メンズのマフラーやグローブの中で、女性も使える色を選びます。グローブを揃える場合は百貨店での買い物がオススメ。というのも、M・Lだけではなく、SSから段階的にサイズ展開しているからです。女性にとってもピッタリなサイズのものが見つかるはずです。

私も今回この記事を書く上で、はじめてリンクコーデに挑戦しました。手持ちのアイテムで即席で揃えてみただけですが、写真を撮ってみると、意外なワクワク感がありました。年賀状の写真にしても面白そうですね!