新登場!タリーズ「マスカルポーネ ティラミスラテ」を実食

ホリデーシーズン限定で登場した、タリーズの「マスカルポーネ ティラミスラテ」が話題です。濃厚なエスプレッソとマスカルポーネホイップのコラボはまさに“ティラミス”なおいしさです。

飲むティラミスを実食! タリーズ「マスカルポーネ ティラミスラテ」

マスカルポーネ ティラミスラテ

ホリデーシーズン限定で登場した、タリーズの「マスカルポーネ ティラミスラテ」が話題です。ティラミス風味のラテとマスカルポーネホイップのコラボは、まさに“飲むティラミス”らしいのです。

今回はホットとコールドの両方が販売されています。せっかくなので、両方実食してみました。

 

まずホイップだけ食べちゃおう。絶品マスカルポーネホイップ

タリーズ マスカルポーネティラミスラテ

まずはホットから。スイーツ好きなら目がキラキラしてしまう大盛りのホイップが鎮座しています。生クリームよりも黄色い色なので、ただのホイップでないことは一目瞭然。黄色の正体は……なめらかで上品な甘みがあるチーズ、マスカルポーネ!

このホイップの海に、チョコパウダーと赤いドライストロベリーがたっぷり乗っています。いちごの赤があると、一気にホリデーシーズンらしい雰囲気になりますよね。

まずはスプーンでホイップだけ失礼して。生クリームよりもまったりとして、マスカルポーネらしいコクを感じます。たっぷりかかったチョコパウダーも効いていていっぱい食べたくなってしまいますが、これはラテを楽しむためのもの。ひとくちで我慢しましょう(笑)。

 

ホイップが濃厚なエスプレッソに溶けると……まさにティラミス!

マスカルポーネ ティラミスラテ

ホイップの下にはティラミス風味のまろやかなカフェラテが入っています。甘めの優しい味わいなので、苦いコーヒーが苦手な人でもスイーツ感覚で飲めると思います。もし「どんな味?」と聞かれたら、「ティラミス!」と答えるしかないほど、まんまティラミスなおいしさです。

時間が経つにつれてホイップがティラミスラテに溶け、飲むたびに甘い香りに包まれます。あったかくてクリーミーなラテをちょっとずつ飲む幸せは、冬ならではの醍醐味ですね。ゆっくり本でも読みながら、次第に変わる味と甘さを楽しみたい一杯です。

 

コールドはすっきり楽しみたい人に

タリーズ マスカルポーネティラミスラテ

続いてコールドも実食。冷たいのでホイップが溶けにくいこともあり、カップの下の方は純粋にカフェラテを楽しめます。次第にホイップの甘さも加わって、スイーツ感のあるラテへと変化していきます。

時々口に飛び込んでくるドライストロベリーを楽しみつつ、すっきりとした甘さで飲みきることができました。こちらはゴクゴク飲みたい時や、あたたかい昼間に飲みたい一杯です。

 

11月11日から「ふちベアフル」が+320円で付いてくる!

ふちベアフル

キャンペーン中は、コップのふちにかけたりデスクに飾ったりして楽しめる、クマのフィギュア「ふちベアフル」を付けられるチャンスが。

対象ドリンク(マスカルポーネ ティラミスラテ または &TEA ピーチメルバロイヤルミルクティー)を注文すると、プラス320円(税別)でふちベアフルが付けられます。スタッフさんに聞くと、かなり人気になることが予想されるとのこと。

このかわいさは、無条件で欲しくなってしまいます。マスカルポーネ ティラミスラテを飲みながら、かわいいベアを連れて帰ってくださいね。

《ふちベアフル クリスマス★キャンペーン》
・11月11日(月)~ 第1弾  ふちベアフル  サンタ
・11月16日(土)~ 第2弾  ふちベアフル  キャンディーケーン
・11月27日(水)~ 第3弾  ふちベアフル  ホリデーカップ
※数量限定・各店舗でなくなり次第終了


DATA
タリーズ「マスカルポーネ ティラミスラテ」
Short 470円/Tall 520円/Grande 570円(税抜)
※ホット、コールド共に(写真はTallサイズ)
2019年11月1日より発売

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」