絶賛の嵐!ケンタッキーの「飲むスイーツ」ピーチティが美味しすぎる

ファストフードのクールスイーツの中で、意外と知られていないのがケンタッキーフライドチキンの「Krushers(クラッシャーズ)」。他の商品に比べて露出控えめなのですが、実は飲んだ人が大絶賛するという“飲むスイーツ”なのです。

絶賛の嵐! ケンタッキーの“飲むスイーツ”にピーチティ登場

「Krushers」​​​ピーチティ 480円(税込)

季節ごとにさまざまな味と食感が楽しめる、ケンタッキーフライドチキンのクールスイーツ「Krushers(クラッシャーズ)」。実は今年で11周年を迎えるという大ヒットロングセラー商品なのです。

にもかかわらず「そんな商品あったの!?」という人がいる理由は、全ての店舗で飲めるわけではないので露出が控えめだから。もしまだ飲んでいないならこの夏はぜひ試してほしい。実は一度飲んだらハマってしまう、大絶賛の“飲むスイーツ”なのです。

 

7月5日から販売! リプトンとコラボしたピーチティが衝撃のおいしさ

見た目もかわいい!

「Krushers」のフレーバーは3種類。なかでも7月5日に発売されたばかりのピーチティは、リプトンとコラボして作った注目のフレーバーです。

ホームページの説明には、“白桃のピューレと黄桃の果肉が入ったソースに「Lipton」の紅茶をあわせて、フルーツティを表現しました。華やかな紅茶の香りと爽やかなピーチの風味が特長です。トッピングのベリーソースを混ぜて味の変化も楽しめます”とありますが、正直どんな味なのか想像できない人も多いのではないでしょうか。

とはいえ飲んだ感想をひとことで言うならば、“とにかくおいしい”ということ。シェイクのような甘さはないけれど、フルーツティほど軽くない。「Sweets In Cups ~スイーツを1杯のドリンクに~」というコンセプト通り、これは“飲むスイーツ”なのです。


 

太めのストローに飛び込んでくる、ゴロッと感のある果肉が嬉しい

チキンやビスケットとの相性も抜群です

「Krushers」のポイントはタピオカドリンク級の太さのストロー。ストローを吸うたびに白桃のピューレと黄桃の果肉が口に飛び込んできて、まさに“吸いながら噛む”という感じです。そこにリプトンならではの紅茶のいい香りが鼻に抜けていきます。

さらにトッピングの生クリーム(生クリームがまたおいしい)と濃厚なベリーソースが華を添えます。それでもくどさは全くなく爽やかな後味なのは、やはり紅茶のおかげだと思います。

 

他の2つのフレーバーにも注目!

「Krushers」の他の2つのフレーバーは、クラシックショコラとストロベリーミルフィーユ。クラシックショコラは、チョコレートベースにチョコクッキーも入っているチョコ三昧のおいしさ。ストロベリーミルフィーユはクラッシュパイがトッピングされて、ミルフィーユ風に仕上げてあります。

どれも違った魅力があるので、販売終了になる前に全種類制覇してくださいね。

DATA
ケンタッキーフライドチキン「Krushers(クラッシャーズ)」
ピーチティ、クラシックショコラ、ストロベリーミルフィーユ
各480円(店舗・数量限定)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」