おしゃれだけど正直まるかぶりしやすい…夏の要注意コーデTOP3

ほどよくおしゃれでどんな場でも浮かないカジュアルコーデは安心ですが、人とかぶりやすいのも確かです。今回は正直まるかぶりしやすい夏のカジュアルコーデをランキング別にお伝えします! これらを着るときには「他の人とかぶるかも」という意識が必要かも?

まるかぶりしやすい夏のカジュアルコーデはこの3つ!

ついつい手が伸びてしまうコーデは安心だけど、人とかぶりやすいという面も

ほどよくおしゃれでどんな場でも浮かないし、ついつい着てしまうカジュアルコーデってありますよね。流行り廃りがなく、どんな人にも似合うので夏のベーシックコーデと呼んでもいいかもしれません。

ただ、これらのコーデは着てはいけないわけではないけれど、人とかぶりやすいのは確か。特に夏はトップス、ボトムスそれぞれ一枚ずつでコーデが完結してしまいますし、大勢の人が集まる場所に何気なく着て行ってしまうと、全身同じ恰好の人とばったり会うことも……。「他の人とかぶるかも」という意識は必要かもしれません。今回は正直まるかぶりしやすい夏のカジュアルコーデをランキング別にお伝えします!
 

第3位 白トップスにカラースカートのコーデ

白トップス&カラースカートの組み合わせは常に人気 出典:WEAR

夏に必ず登場するアイテムといえば、カラースカート。レッド、イエロー、ブルーなどはっきりしたビビッドカラーから、くすみピンクやカーキなどカラーリングはさまざま。デザインもフレア、プリーツに加え今年はティアードスカートも人気ですよね。

ただ、これらのスカートには白のトップスを合わせる方がかなり多く、この組み合わせはよく見かけます。白トップスにカラースカートのコーデは面積が大きい上にコントラストが強く、記憶に残りやすいのも「かぶりやすい」と思われる原因かも。

長めのカラースカートにTシャツを合わせるコーデは、締め付けがなく涼しくて楽な上に、白を合わせると夏らしい華やかさもあるのが人気の理由のようです。
 

第2位 ボーダーを主役にベーシックで固めたコーデ

パッと着てもサマになるボーダーは常に人気のトップス 出典:WEAR

「困ったときのボーダー」といってもいいほど、パッと着るだけでなんとなくサマになるボーダートップス。ですが老若男女に人気があるため、着ている人の数がダントツで多く、確実にかぶるアイテムでもあります。

そして、ボーダーのトップスを着ている方のボトムスを見てみると、デニムか黒パンツ、ベージュのワイドパンツ、長めスカートのどれかになっていることが多め。

ボーダートップスをよく着る方は、攻めたような組み合わせよりも、落ち着いた雰囲気を好む傾向にあることから、合わせるアイテムも自然と安心感のあるベーシックなものを選ぶのかもしれません。
 

第1位 白T&ブルーデニムコーデ

シンプルイズベストな白Tとデニムの組み合わせは永遠の定番 出典:WEAR

夏らしいカジュアルコーデの代表といえば、白Tシャツにブルーデニムのコーデ。シンプルイズベストで爽やかな、定番の組み合わせですよね。

ですが、こちらは「栄作コーデ」という言葉もあるほど、女性だけではなく男性にも人気の組み合わせなので、とにかくかぶります。街なかではもちろん、BBQなど夏のアウトドアや、子供たちの運動会、遠足などアクティブな行事に参加するときは必ずといっていいほどこのコーデの人を見かけるほど。

たとえ白Tやデニム選びにこだわって高級なものを身につけていたり、バッグやシューズで個性を出そうとしても、遠目から見たら「白と青の組み合わせ」という点では一緒になってしまうので、あまり違いが分からないのも確かです。着ていて落ち着く組み合わせですが、おしゃれ感を出したいときにはあまり向かないかもしれません。

第3位から1位までご紹介しましたが、いかがでしたか? ほどよくおしゃれで外さない夏コーデとしてはおすすめなのですが、もし「今日は人とかぶりたくないな」という日には、ちょっと気を付けてみてくださいね!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始