大人服にトレンドは必要?アラフォー世代の上手な流行との付き合い方

アラフォー世代になると流行との付き合い方が難しい、という声をよく耳にするようになりました。確かにトレンド感が強すぎても微妙だし、かといって全く無視でも古い人になりそう……。今回はアラフォー世代のトレンドとの付き合い方についてお伝えします。

大人の服にトレンドはある? アラフォーの流行との付き合い方

トレンドのさじ加減やお金のかけ方など、アラフォー世代はどう付き合っていくのがベスト?

アラフォー世代になると、流行との付き合い方が難しい、という声をよく聞きます。「この年齢、体型で流行の服が似合うか分からない」「そもそも流行を追いたい気持ちが薄れてきた」「とりあえず小綺麗にしておけばいいかなと思う」「若い子とかぶるとショック」など、理由はさまざま。

確かに全身トレンドアイテムで揃えるのも微妙な感じがしますが、かといって流行を全く無視するのもなんだか古い人になってしまいそう……。今回はアラフォー世代のトレンドとの付き合い方についてお伝えします。
 

自分の体型に合った服選びが第一

体型に合うトップス、ボトムスの形は把握しておきたいもの 出典:WEAR

ファッションのトレンドはほぼ意図的に作られたもの。流行っているからといって、女性を必ずしも素敵に見せるものではありません。

アラフォー世代の女性が第一に優先したいのは、自分の体型に合った洋服選びをすること。年齢に関わらず洋服はずっと着ていくものなので、身に着けた時に映えるデザインはちゃんと分かっておきたいポイントです。ざっくりでいいので、「すらっとして見えた」「なんとなく自分がよく見えた」と感じた洋服は似合っていると考えてOK。

似合う色は変化することもあるので一概にはいえませんが、身長や全体のバランスから似合う洋服の形を把握しておけば、洋服の数を絞ることもできますし、どんどん変わるトレンドにも流されず、うまく付き合っていけるようになります。
 

トレンドは全体の3割程度がちょうどいい

流行アイテムは1カ所にするとまとまりやすい 出典:WEAR 

実際にどのくらいトレンドを取り入れたらいいのか、という点に関しては、全体の3割くらいが一番おすすめのバランス。全身の中で何か1点流行ものを着るくらいの感覚なら、いつもの自分らしい雰囲気はそのままで、気負わず着られそうです。

トレンド性が強すぎると若い子とかぶり、若作りに見えてしまうかもしれませんが、逆に流行にも全く興味を示さない、いつも同じかっこうとなってしまうと「見た目に構わない人」になってしまい、老け見えしてしまいそう……。

ご自身のファッションへの興味度にも左右されるので、難しいところではありますが、いつものコーデにトレンドものを1点取り入れるくらいでも、自然に今っぽいおしゃれ感が楽しめます。

そして、マインドとしては「好き、着てみたい」と思ったトレンドアイテムを取り入れるのがおすすめです。理由は、おしゃれへの満足感も得られて、マンネリしがちなコーデのスパイスになってくれるから。好きで着てみたい!と思った洋服はなんとかして着ようと思うので、タンスの肥やしにもなりにくいはず。

体型がきれいに見える服を着ていればまずOKですが、トレンドにアンテナを張る好奇心や、新しい服を試してみようかなと思える冒険心は、アラフォーになってもイキイキとした女性でいるのに一役買ってくれるという面もありそうです。
 

トレンドにどのくらいお金をかけるのが正解?

GUなら流行アイテムが常に3000円以下で揃います 出典:WEAR

もう一点気になるのは、具体的にいくらお金をかけるのか、という予算の面ですよね。

まずトレンドアイテムでは、流行も、価格も、着回しも……と欲張らないことが大事。ベーシックアイテムに比べると着られる期間は限られるので、ずっと着ようと思わないのがポイントです。おすすめの金額のラインは3000円と8000円。

・3000円以下のトレンドアイテムの場合
流行ど真ん中だけどそれでも着てみたい!と思ったアイテムは、3000円以下などプチプラで購入し、ワンシーズンで着られるだけ着るのがおすすめです。

3000円ほどで人気のあるトレンド服は、分かりやすいトレンド感が一番のメリット。ただ他のブランドからも似たデザインが出ていることが多く、クオリティとしても長持ちするものではないので、おしゃれのカンフル剤としてワンシーズンで着倒すのがベスト。

ただ、形も色も派手なものだと10代、20代の方とかなりの率でかぶりますので、引き算しながら選ぶのがベターです。

・8000円以下のトレンドアイテムの場合
数が欲しいわけではないし、ワンシーズンで使い捨てるようなアイテムはもったいない、という方は8000円以下で探すのもおすすめです。

3000円以下のプチプラだとトレンド感が「分かりやすい」ですが、8000円くらいだと「さりげなく」取り入れられているイメージ。デザインも素材もワンランク上ですし、他の激安プチプラブランドと同じレベルでは生き残れないため、より長く着られる、など他のメリットも考慮して作られていることが多いです。アラフォーの女性が自然に着られるデザインも多いはず。

「中途半端に高く、結局着ない」のが一番もったいないので、それだけは避けて!

トレンドは楽しめる程度に、ほどよく付き合うのが一番。ショッピング時の参考にしてみてくださいね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化