夏のアラフォースニーカーコーデのコツ

楽チンで動きやすいスニーカーを、この夏大人がおしゃれに履くには?

歩きやすく楽チンなので、手放せないスニーカー。大人になっても履く機会が多いシューズですが、スニーカーは基本的にペタンコなので、コーデのバランスや洋服の選び方に気を配らないと、途端に子供っぽく見えたり、脚が短く見えてしまうことも……。トレンドを意識しつつ、年齢に合わせてコーデをアップデートしていきたいですよね。

今回はこの夏、大人の女性におすすめのスニーカーコーデの作り方についてご紹介します。チェックしてみてくださいね!
 

1. ふんわりフレアなスカートやワンピに合わせて

ボリューミーな生地とスニーカーのミックス感が可愛い 出典:WEAR

フレアシルエットやマキシ丈などボリュームのあるワンピースやスカートを、スニーカーでカジュアルダウンする着こなしは夏ならでは。ぜひトライしてほしいおすすめのコーデです。

ビビッドカラーのフレアスカートコーデにも抜け感を作れる 出典:WEAR

ふんわりしたシルエットでもシンプルなのが大人向け。簡単にコーデがキマるので、忙しい朝でも時間をかけることなくおしゃれに見せられます。ショッピングや旅行など、都会的なおしゃれ感がほしいけどたくさん歩く時にもぴったりです。

スニーカーは華やかなアイテムにも意外に合いますし、夏は重ね着がいらないためバランスが取りやすいので、いろいろ組み合わせてみてくださいね。
 

2. モノトーンコーデをスニーカーで柔らかく

モノトーンコーデはスニーカーで頑張りすぎない雰囲気に 出典:WEAR

色が溢れている夏コーデの中で、あえてモノトーンで統一するとスタイリッシで新鮮な印象に。ただ、きれいめのモノトーンコーデでまとめた時に、足元までヒールだと少々キメすぎに感じられそう。そんな時はスニーカーをプラスするのがおすすめです。

黒などダークカラーのマキシ丈ワンピとも相性◎ 出典:WEAR

特に黒のワンピースのモノトーンコーデにはスニーカーが相性抜群。黒のワンピースは大人っぽくモード感が強かったり、時にはすっきりしすぎて寂しい印象になることもありますが、スニーカーがカジュアル感をプラスしてくれるので、親しみやすいコーデに仕上がります。
 

3. ワントーンのパンツコーデのアクセントに

ワントーンならパンツ&スニーカーでも今っぽさと大人っぽさが叶う 出典:WEAR

パンツにスニーカーを合わせたいな……と考えた時に、デニムに合わせるのはちょっと待って! 定番の組み合わせですが、子供っぽくなりがちですし、大人のおしゃれコーデの観点からはもうワンランク上に見せたいところ。

そんな時におすすめなのはワントーンのパンツコーデの足元を、スニーカーで仕上げること。パンツ&スニーカーの組み合わせがおしゃれに見えにくい理由は、カジュアルすぎたり、スタイルよく見せるのが難しいからなのですが、全身がワントーンでまとまっていれば縦長に見え、それだけでスタイルアップ効果が狙えます。

ちなみに全体がまとまっていて、パンツコーデでも大人っぽく見えることが重要なので、白系のワントーンでなくても、黒、紺、ブラウンなど何色でもOK。動きやすいけど、おしゃれ感のあるコーデをしたい時におすすめです。
 

4. ダッドスニーカーでスカートコーデを垢抜けさせて

色使いもコーデもシンプルにするのがコツ 出典:WEAR

人とかぶらないスニーカーコーデや、おしゃれなスニーカーコーデがしたいという人に一番おすすめなのはトレンドの「ダッドスニーカー」を合わせるコーデ。昔ハイテクスニーカーと呼ばれていたようなボリュームのあるシルエットで「お父さんが履いていそうな、ちょいダサ」なテイストで人気を集めています。

存在感があるスニーカーなので、シンプルなスカートコーデに合わせるだけで、簡単に今っぽい雰囲気が作れるところが大人のおしゃれ心をくすぐります。

GUで2990円のダッドスニーカーでスカートコーデを垢抜けさせて 出典:WEAR

その際、色使いはかなり絞り、シンプルなスカートコーデにさらっと合わせるのがポイントです。ちなみにパンツの場合は、裾に引っかかって足が短く見えたり、デニムだとハマりすぎておしゃれに見えなかったりすることもあるので、長め丈のスカートと合わせるのがベストです。

スニーカーブランドだけではなくZARAやGUなど、トレンドに敏感なファッションブランドからも多く出ているので、その分今年のファッションに合わせやすく、本気のスニーカー愛用者ではなくても手が出しやすいのもメリットです。

ぜひ夏のスニーカーコーデを楽しんでくださいね!