白TはNG?人気のカラースカートで大人が気を付けたいこと

カラースカートについ合わせたくなる白Tシャツ。ですが時には若作りに見えたり、アラフォー女性にはNGなことも。オフホワイトなどニュアンス色に変える、スカートの形を大人っぽいデザインから選ぶ、雰囲気をきれいめにするなどしてはきこなしてみてくださいね!

白Tを合わせてはダメ? 要注意なポイントは

大人の女性がカラースカートをおしゃれに着るには、白のトーンとボトムスの形がカギ!

この時期、店頭には明るいカラーのアイテムが並び、つい手に取りたくなりますよね。暗い色ばかりでは気分も上がらないし、きれい色を取り入れるのは大正解。ですが、大人だからこそ気を付けたいことが一つ。それは、カラースカートを着た時に、真っ白なTシャツを合わせると子供っぽくなってしまうことがある、ということ! 詳しくお伝えしていきます。
 

白T×カラースカートの組み合わせが大人にNGな理由

何でも合いそうな白TがカラースカートによってはNGな場合も

夏らしく明るくて、はっきりとした色味のスカートを選んだ時、合わせるトップスは基本的にベーシック色になりますよね。落ち着いた黒や紺もいいけれど、爽やかにまとまる白を合わせるのも常に人気のコーデです。

その場合、要注意なのが、大人の女性が「真っ白」な「Tシャツ」を合わせること。コントラストが強くハッキリした色味が、アラフォー世代の女性から浮いてしまい、若作りに見えてしまうケースもあるからです。

クリーンな白とのコーデはポップで元気、爽やかといった印象で、子供服でもよく見かける人気のカラーリング。その明るい感じを、Tシャツのカジュアルさがさらに際立たせてしまいます。アラフォー世代の大人な顔の雰囲気と、コーデのカラーリングがアンバランスで違和感を抱かせてしまうのかも。

また、スカートの形選びにも注意が必要です。タイトスカートなど明らかに大人向けのデザインならOK。ですが特に派手めな色で、たっぷりギャザーの入ったフレアスカートや今年トレンドのティアードスカートなど、子供服でも見つかりそうな形のボトムスと白Tのコーデは、残念ながら大人にはミスマッチになりがち。イメージを変えて着回すのも難しく、コスパの面でもあまりおすすめできません。
 

大人の女性がカラースカートをはく時の白トップスの選び方

大人のカラースカートコーデには白Tシャツよりもオフホワイトなどが馴染みやすい

アラフォー女性のカジュアルコーデで、カラースカートのトップスを選ぶ時は、真っ白ではなくオフホワイトやベージュ、グレージュなど、少しくすんでいたり、温かみのある色を選ぶと、より馴染みがよくなります。

また同じ白アイテムでも、襟付きシャツや、半袖またはノースリーブのニットなど、Tシャツほどカジュアルではなく、ワンランクきれいめ度がアップするような白アイテムを合わせるのがおすすめです。

形も、ごく普通の半袖以外にも、ボートネックやVネック、五分袖など、より大人っぽいデザインを揃えておくと重宝します。普通のTシャツを合わせた時と比べ、品もよく見え、大人のカジュアルコーデとしてちょうどよくまとまるはず。
 

カラースカートのコーデは大人っぽい雰囲気にまとめて

同じオレンジでもタイト&カーデ肩掛けで大人に馴染む着こなしに 出典:WEAR

カラースカートを取り入れる場合、それだけでかなりインパクトが強くなるので、コーデ全体の他の要素で大人っぽさを意識して、バランスを取るのがおすすめです。

例えばジャケットを肩掛けしたり、カーディガンを巻くなど、大人ならではのアレンジも効果あり。

リュックや帽子など、幼くなりそうなカジュアルな小物よりは、きれいめのバッグやヒール、ポインテッドトゥのシューズを選ぶのが◎。ヘアメイクで全体的な雰囲気を大人寄りにまとめるのも効くので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化