不倫の恋がはじまるきっかけはは、案外……?

NHKドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』が話題となっている。4人の女性たちがそれぞれ抱える恋や秘密が今の時代をリアルに描き出しているからだろう。そのひとり、夫が失踪して7年たつ野口友美(水野美紀)は、娘の友人のシングルファーザーと急速に接近している。彼に関心を示されて、友美の恋心が一気に高まっているのだが、「相手がイケメンでも金持ちでもないのにそんな簡単に恋するの?」という声がある一方、「わかる」という意見も多数だ。

男性と話す機会がないから

「わかる」と大きな声を上げたのは、エリカさん(41歳)だ。10歳を頭に3人の子育てと近所に住む義父母の世話と介護で多忙をきわめる専業主婦。

「結婚してから、夫と舅と子ども以外の男と話したことなんてほとんどありません。男性と話す機会がないんですよ」

そんな彼女は今、いちばん上の子が通う小学校でともにPTAの役員を務める男性が気になっているという。

「お互いに家庭がありますから特別な関係にはならないと思うけど、彼が他の人とは違う笑顔を私に向けてくれているだけでうれしくなる。会合が終わるといつも一緒に歩いて帰るんですが、あるとき彼が、別れ際に『これ、よかったら』と私が前に食べてみたいと言っていたお菓子をくれたんです。わざわざ私のために並んで買ってくれたそうです。こんなことをされたら胸キュンしちゃいますよね」

男性が特別に自分に示してくれた好意で、女性の心は燃え上がる。

 

ふとしたことから恋に堕ちる

そもそも恋に堕ちる瞬間など、特別なことではないのかもしれない。好意を示してくれた人に好意をもつのはよくある話。

「とにかく私を含めて、専業主婦は男性に慣れていません。恋愛感情からも10年以上離れている。いや、恋愛感情なんて忘れている。妻と母と嫁しかなかった。それなのに他人の男性から好意を示されたら、ふと素の自分が浮かび上がってくるんですよ」

エリカさんは心のありようをそう語る。好意を示されて、素の「女としての自分」を意識したところに恋愛感情があぶりだされるのかもしれない。だからといって、その恋心を行動に移すかどうかはまた別の話ではある。

「恋して苦しくなったとしても、行動には移しません。だけど、どこかではしゃいでいる自分がいるのも確か。心が潤うというのか、こんな気持ちは結婚してから初めて。なんだか毎日がちょっと楽しいんですよね」

恋心を行動に移せば不倫になる。だが恋心を抱えて日常が楽しくなるなら、それは誰からも責められない、「ちょっとした秘密」である。