保存版!「いつも同じ感じ……」を脱する簡単な方法

いつも同じようなファッションになってしまう、というお悩みをお持ちの人、そのお悩みはプチプラ服を使って簡単に解決できるかも!? 例えば色使い、きれいめ度、女性らしさ、季節感などを調整すると印象を変えるのに役立ちます。チェックしてみてくださいね!

「いつも同じ」を脱する簡単な方法

色使い、きれいめ度、女性らしさ、季節感などの調整で印象は変えられます

体型カバーやトレンドの取り入れ方など、アラフォーファッションの悩みはつきませんが、何気なく選んでいるコーデでは「いつも似た感じになってしまう……」というお悩みも意外によく聞かれます。

手っ取り早くおしゃれに、かつ印象を変えるにはどうしたら?という声にお答えして、プチプラでも叶えられる、「いつも同じ」を脱する方法をお伝えします!
 

1. 「色使いを変える」のが最短の道

フレアなシルエットなら体型カバーも 出典:WEAR

印象を変えるには、色を変えると効果絶大! 体型は人それぞれカバーしたいところがあるので、シルエットを大きく変えるのは抵抗がある場合もありますよね。でも色に関しては「カラーものが一切似合わない」という人はいないので、基本的にトーンを少しずらせば馴染ませられるはず。いつもは着ないような色を取り入れてみるのが近道です。

スニーカーが目立ち過ぎないのはマキシ丈の特権 出典:WEAR

例えば「赤」は人間の中にもともとある色なので、似合わない人はいないといわれるカラーです。「赤は派手」と感じていたとしても、ビビッドな真っ赤から、朱色のようなオレンジがかった赤、ワインレッドのような暗めの赤、ピンクが入ったような赤、など様々なトーンがあり、そこから自分が好きだと思う色、顔に当てて映えるように感じた色を取り入れてみるのがおすすめです。

取り入れやすいアイテムといえばカラースカート。ぱっと見た時に華やかさも出る上、顔から遠いので馴染ませやすく、普段色ものを着ない人でもトライしやすいのがメリットです。

腰のハリや膨張感が気になる人は、差し色のカーディガンを肩に巻くと、目線が上にいくので気にならなくなります。

苦手意識がある色でも、年齢を重ねた今なら、改めて似合うように変わっていることもありますので、ぜひ実践してみてくださいね。
 

2. きれいめの比率を上げる

たまにはモノトーンでハンサムに 出典:WEAR

普段カジュアルなコーデが多い人に効果的なのは、きれいめの比率を上げること。昔はコンサバ過ぎだと感じたアイテムでも今着るとしっくりくることも。

例えば、とろみシャツなどでツヤ感のあるアイテムを取り入れたり、上下共にきれいめにまとめる。パンツスタイルなら普段はカットソー&デニムなところを、白シャツ&黒のきれいめパンツでモノトーンにまとめてみるなど。

きれいめコーデは清潔感があるので、自分ではシンプル過ぎるかなと思う場合も、まわりからは好評価である場合も多いです。

もしシンプル過ぎると感じても、そこから馴染むようにロールアップしたり、アクセサリーを足したりすることで、自分に似合うバランスを新たに発見できることもあります。
 

3. ワンピースやスカートなら効果が出やすい

シックな色のシンプルなワンピースが使える 出典:WEAR

パッと見て、違った印象を与えられるのは、やっぱりワンピース。シックな色でもワンピース特有の華やかさがあり着映えするので、ごちゃごちゃさせずにあえてシンプルに着たほうがおしゃれ感がアップします。

普段常にパンツという人は、スカートでもOK。長め丈のスカートで、トップスも同系色でまとめるとワンピースに近い効果が得られます。
 

4. パンツスタイルならきれいめワイドがおすすめ

ドレープ感のあるシルエットが優雅なムードに 出典:WEAR

パンツスタイルなら、ごく普通のシルエットよりもワイドパンツのほうが、おしゃれ感のあるコーデが作りやすいことも。ここではカジュアルな素材ではなく、ドレープ感の出るようなきれいめの素材のパンツを選ぶのがポイントです。

上下共にゆるいサイズ感だとルーズに見えがちですが、きれいめなアイテム同士で、さらにパンツならウエストの位置でメリハリが付けやすいのも◎。シューズやバッグなど、顔から遠い所に差し色を使うのもアクセントになります。
 

5. 変わり映えしないものは買わない! 季節感も重要

似たものは買わない!と決めて、ふり幅のあるものを 出典:WEAR

ボーダーにデニム、スニーカーの組み合わせなど、街に同じ組み合わせの人が何人もいるような範囲のファッションだと、どうしてもいつも似たような印象になってしまいます。

「これを買っても今と変わり映えしないな」と感じるものはもう買わない、と決めるのも手。買い替えはアリですが、同じような服を何枚も増やしていくと、いつも同じに見えてしまい、さらにはクローゼットもパンパンに。

なかには「夏っぽいものは夏しか着られないのでやめておこう」というように、季節感の高いものを避け、無難な方を選ぶ癖がある人もいます。ですが季節感あるアイテムに気兼ねなくトライできるプチプラアイテムもたくさんあります。今の時期なら、ベーシックな服に夏カラーのスカートやカゴバッグなどを投入するのもおすすめ。

一年中似たような恰好だな……と感じているのであれば、思い切って季節感のあるアイテムを投入してみると、印象が変えられます。

少し気を付けることで「いつも同じ」は簡単に脱出できるはず。ぜひトライしてみてくださいね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】