若い子とは違う!? 40代が知るべき3大着やせテクとは

体型が出がちな春夏にも、ムリなくできる簡単な着やせテク、あります!

春夏ファッションはきれい色も多く、気分が上がるような華やかなアイテムも増えますよね。でも同時に薄着になり、体のラインがごまかせないのが悩みという声も聞かれます。

いわゆる着やせテクの中には若い子向けのものもあり、「脚が太い人は隠すより、思い切って出す方が細く見える」というのも有名ですが、40代にはなかなか難しいですよね。そこで今回は40代の女性が簡単に取り入れられる着やせテクについて、ご紹介します。ぜひ取り入れてみてくださいね。
 

1. シルエットにはふんわり、細いのメリハリを

ボトムスが大きいならトップスはコンパクトに 出典:WEAR

40代以上のファッションでやりがちなのが、体型が気になるからといって全てゆるいサイズで覆ってしまう着こなし。これだとラインは拾わないものの、全体の面積が大きくなってしまうので、残念ながらすっきりとは見えません。

例えばお腹やヒップまわりをカバーできるふんわりトップスを着るなら、ボトムスは細めのアンクル丈パンツ、ヒップや脚のラインをカバーするワイドパンツなら、トップスはジャストサイズを、とメリハリをつけるのが大事です。

また、トップスは前部分だけでもウエストインし、縦を短くコンパクトにするのもスタイルアップに効く方法です。ここでのウエストインは、必ずしも体にぴったりしていなくても、前だけ少し入れるゆるめのインでも効果あり。そのままトップス、ボトムス共にゆるいサイズ感を合わせた時と比べるとメリハリがつき、すっきりして見えます。

トップス、ボトムス共に淡い色同士の組み合わせの時は、ふんわり甘めの小物ではなく、シルバーのシューズやパイソン柄のバッグなど、辛口な小物のほうがよりすっきりとまとまり、大人の女性におすすめです。
 

2. 色の効果を利用して縦長のIラインを作る

もう一つ40代でやりがちなのが、着やせのイメージである「黒」やダークカラーのゆったりサイズで全身をまとめてしまうこと。いくら引き締め効果のあるダークカラーでも、上下ゆったりさせてしまうと迫力が出てしまうことも……。

そんな時はなるべく縦長にすっきり見えるトップス、ボトムスを揃えてラインを作るというのも、着やせの基本テクニック。余計なディテールがなく、すっきり見えます。そこにショート丈のアウターを羽織れば、目線が上に引き上げられ、さらにスタイルよく見える効果が。

そして、洋服にダークカラーを使用した代わりに足首を覗かせ、シューズも白にして軽く仕上げて抜け感を出すと、重くなり過ぎず春夏らしいおしゃれ感が出せます。

膨張しがちなホワイトコーデも縦長の羽織りですっきり 出典:WEAR

白や淡い色を着てみたくても膨張して見えないか心配……という方には、引き締め色の縦長アウターを一緒に取り入れるのがおすすめ。プリーツスカートやギャザースカートなど、腰まわりのボリュームが心配なボトムスも、上からカバーしてしまえば安心! ボリュームは抑えつつ、今っぽさも手に入るので一石二鳥です。
 

3. 腰まわりにアクセントがある洋服は使える

調整可能なリボンベルトでぽっこりお腹を目立たせない 出典:WEAR

ウエストの太さは分からなくてもいいのですが、ウエストの位置が少し高めにあると、脚が長く見えるので着やせ効果あり。調整が簡単なリボン型ベルトなら、気になる下腹部をさりげなく隠せるので便利です。

太めのワイドパンツに、黒のトップスを合わせてモノトーンですっきりまとめたところもさらに真似したいポイントです。

軽く紐が巻いてあるだけでもスタイルよく見える効果が 出典:WEAR

ウエストに軽く紐やベルトが巻いてあったり、切り替えが入っているものは、重心を上げつつ腰まわりはふんわりカバーできるため、アラフォー世代にぜひ取り入れてほしい便利なデザインです。きれいめな印象でコーデも組みやすく、お腹まわりやヒップもさりげなく隠せるので、ボトムスを選ばないというメリットも。

頻繁に見つかるデザインではないので、サイズが合うものを発見したら買って損はない着やせトップスです。

どっしりしがちな後ろ姿もウエスト効果で着やせして見えます 出典:WEAR

気を抜くとどっしり感が出がちな後ろ姿。でもトップスのウエストが少しすぼめてあるものだと、後ろから見ても腰の位置が分かってメリハリがつき、着やせして見えるという嬉しい効果が。ウエストインに抵抗がある方にもおすすめです。

少し気を付けるだけで見映えは変わります。ぜひチェックしてみてくださいね!