「使えそう!」なのに実は出番がない春夏アイテムとは

「着回しやすそう」でも実はそうでもないかも?

一見、着回しがききそうな春夏アイテムの中にも、実は出番がないままクローゼットに眠りがちなアイテムが存在します。丈が中途半端だったり、洗えなかったり、微妙に存在感が強いものは要注意。詳しくお伝えします!
 

1. 控えめカラーの柄スカート

柄スカートは着回しより、お気に入り度で選ぶ方が満足度アップ

チェックやフラワー、ドットなど柄の入ったスカートは春夏らしいおしゃれ感が出て着映えするアイテムです。柄でも色使いが控えめなら着回しがききそう、と思いがちですがここが落とし穴。

柄スカートに合わせるトップスは結局「シンプルな無地」になりがちです。春夏はニットやトップスを重ねての着回しは季節的に難しい上、トップスの色を白、黒と変えたところで、あんまりイメージは変わらないかも。

ただ、アイテムとしてはかわいく、大人コーデにもおすすめなので、柄スカートを選ぶ場合は中途半端に着回しを気にせず、本当に気に入った柄を選ぶ方が満足度が高いはず。

着回しを優先するなら無地がベストです。柄スカート選びは軸をはっきりさせておくと、タンスの肥やし化を防げます。
 

2. 気候に左右されやすいレース使いのトップス

かわいいけど着回しはあまり期待できないのがレーストップス

レースは見た目にも華やかで、女性ならつい惹かれてしまうディテールですよね。肩や袖にレースがあしらわれているトップスは大人向けブランドでも多く見かけます。年齢に合わせたデザインも豊富なので、甘い洋服が限られる大人の女性でも着られるものが多い上、カラーも白や黒、ベージュなどが多いので、着回しもきくと思いがち。

でも、レース使いのトップスは、意外に着る機会が限られるアイテム。きれいめな雰囲気ですが、肌が透けて見えるのが気になり、きちんとしたシーンでは使いにくいことも。

そして気候にも大きく左右されます。肌寒い時は着られず、雰囲気も寒々しいのでミスマッチ。紫外線が気になる時期は一枚で着るのは避けたいし、日焼け対策でカーデや腕カバーなどが必要になり、結果見た目は二の次に。本当に暑い日は汗で汚れるのも嫌だし、汗も吸わないので余計暑く感じることも。

そう考えると、向いているのは室内でのパーティーや、友人と会う時くらいになってしまい、着られる日がすごく少ないかも。コスパはあまりよくないと割り切り、着る回数は少なくても気分が上がるアイテムとして取り入れるのがおすすめです。
 

3. 取り扱いが難しい、家で洗えない服

シルクなど「ドライクリーニングオンリー」のアイテムは出番が減りがちに……

春夏はどうしても汗ばむことがあるので、いくら気に入っていたり上質な素材でも、自宅で洗えない洋服は出番が減りがちです。

特にシルクなどは繊細なので、水洗いできないものがほとんど。同じとろみ感のある素材でもポリエステルと違い、汚れが落としにくく、食事に行く時や暑い日は避けるように……。気を遣う洋服は大体タンスの肥やしになってしまいます。素材タグを確認し、水洗いできるかを確認してからの購入がおすすめです。
 

4. かぶりやユニバレが気になるユニクロのトップス

安くて質がいいユニクロのアイテムは、とにかく周りの人とかぶりがち。特に要注意なのがトップスです。人が集まる場に着ていくと、同じトップスの人がいて気まずい思いをすることもあり、出番が減るパターンも。

カラーものや、ブラウスやカットソーなど少しでもデザインが入るトップスはユニバレしやすいので気を付けて。毎年見かけるようなシンプルな白Tシャツや長袖シャツなど、ユニクロと分からないほどベーシックなものなら使いやすいです。
 

5. ベーシック色の無地でも着丈が微妙なボトムス

無地でシンプルなボトムスは何にでも合うと思いがちですが、丈が中途半端だと合わせるトップスを選ぶので、実際はあまり着回しできないことも多いです。

大人が好むアイテムで特に気を付けたいのは、ふくらはぎの真ん中あたりで切れるスカート、ガウチョ丈のようなワイドパンツなど。

中途半端な丈のボトムスをスタイルよく見えるように着るのは、難易度が上がります。合わせるトップスは短いものがベストで、ウエストまわりは少し締めないと寸胴に見えがち。またペタンコ靴だとバランスが悪いので、少しヒールのある靴が合うなど、制約がいくつも出てきてしまいます。無地のボトムスなら着回せる、と安易に考えるのは少々危険です。

ぜひお買い物の参考にしてみて下さいね! 以上「かわいいけれど実は着回せない、意外な春夏アイテム5」でした。