先発投手の栄誉・開幕投手を務めた後って?

公式戦第1戦目となる開幕戦はプロ野球選手たちにとっても特別な意味を持つ試合。中でもその試合で先発した投手は「開幕投手」と称されます。開幕戦はどのチームもエース級の投手を先発させるため、開幕投手を務めることは先発投手たちの1つの名誉と言えるでしょう。

そんな大役を担える投手だけに、当然シーズン終了後も素晴らしい成績を残しているに違いない……と思われますが、実際はどうでしょう。過去5シーズン(2014年~2018年の各チームの開幕投手たちを振り返ってみましょう。
 

「開幕投手」の大役に張り切る意外な選手たち

まずはセ・リーグ6球団の直近5年の先発投手です。

年度  広島 開幕勝敗 シーズン成績 年度  DeNA 開幕勝敗 シーズン成績
2014 前田健太 11勝9敗 防2.60  2014 三嶋一輝    × 1勝2敗 防10.88  
2015 前田健太 × 15勝8敗 防2.09 2015 久保康友 × 8勝7敗 防4.12
2016 ジョンソン × 15勝7敗 防2.15 2016 井納翔一 7勝11敗 防3.50
2017 ジョンソン × 6勝3敗 防4.01 2017 石田健大 × 6勝6敗 防3.40
2018 野村祐輔 7勝6敗 防4.22 2018 石田健大 × 3勝7敗 防4.97
年度  ヤクルト 開幕勝敗 シーズン成績 年度  中日 開幕勝敗 シーズン成績
2014 小川泰弘 9勝6敗 防3.66 2014 川上憲伸 × 1勝2敗 防4.78
2015 小川泰弘 11勝8敗 防3.11 2015 山井大介 × 4勝12敗2S5H防3.92
2016 小川泰弘 × 8勝9敗 防4.50 2016 大野雄大 7勝10敗1H防3.54
2017 石川雅規 4勝14敗 防5.11 2017 大野雄大 × 7勝8敗 牡4.02
2018 ブキャナン 10勝11敗 防4.03 2018 小笠原慎之介  × 5勝6敗 防4.11
年度  巨人 開幕勝敗 シーズン成績 年度  阪神 開幕勝敗 シーズン成績
2014 菅野智之 12勝5敗 2.33 2014 能見篤史 × 9勝13敗 防3.99
2015 菅野智之 10勝11敗 防1.91 2015 メッセンジャー 9勝12敗 防2.97
2016 菅野智之 9勝6敗 防2.01 2016 メッセンジャー × 12勝11敗 防3.01  
2017 マイコラス 14勝8敗 防2.25 2017 メッセンジャー 11勝5敗 防2.39
2018 菅野智之 × 15勝8敗 防2.14 2018 メッセンジャー 11勝7敗 防3.63

※セ・リーグ各球団の開幕投手の成績一覧(過去5年)
※太字は自身初の開幕投手

2017年は国際大会のWBCがシーズン前に開催された影響で、各チームとも大会に出場した主戦投手を登板させなかった傾向がありますが、それ以外の年はいずれもチームのエース投手ばかり。

 

今季も開幕投手を務めた菅野智之(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)キャプション



中でも別格の成績を残しているのが菅野智之(巨人)でしょう。5シーズン中、4度開幕投手を務め、いずれの年もタイトルを獲得。初の開幕投手を担った2014年にはプロ2年目にしてMVPに輝いています。

意外にも健闘が目立つのが助っ人外国人選手たち。今季も含め目下5年連続で開幕投手を務めているメッセンジャー(阪神)を含め、6球団中4球団が助っ人外国人が開幕投手を務めています。その年の成績を見ると故障で離脱した2017年のジョンソン以外はいずれも先発投手としてチームを支えています。そのジョンソンも2016年には沢村賞に輝くなど、助っ人外国人の方が大役に燃える傾向がありました。
 

初挑戦の方が好成績を残しがち!?

続いて、パ・リーグの各チームの成績を見て見ましょう。

年度  西武 開幕勝敗 シーズン成績 年度  ロッテ 開幕勝敗 シーズン成績
2014 岸孝之 × 13勝4敗 防2.51 2014 成瀬善久 × 9勝11敗 防4.67
2015 牧田和久 9勝11敗3S 防3.66 2015 涌井秀章  15勝9敗 防3.39
2016 菊池雄星   12勝7敗 防2.58 2016 涌井秀章 10勝7敗 防3.01
2017 菊池雄星 16勝6敗 防1.97 2017 涌井秀章 × 5勝11敗 防3.99
2018 菊池雄星 14勝4敗 防3.08 2018 涌井秀章 × 7勝9敗 防3.70
年度  ソフトバンク 開幕勝敗 シーズン成績 年度  オリックス 開幕勝敗 シーズン成績
2014 摂津正 10勝8敗 防3.90  2014 金子千尋 × 16勝5敗 防1.98
2015 摂津正 × 10勝7敗 防3.22 2015 ディクソン × 9勝9敗 防2.48
2016 摂津正 × 2勝2敗 防5.59 2016 金子千尋 × 7勝9敗 防3.83
2017 和田毅 4勝0敗 防2.49 2017 金子千尋 × 12勝8敗 防3.47
2018 千賀滉大 13勝7敗 防3.51 2018 西勇輝 × 10勝13敗 防3.60
年度  日本ハム 開幕勝敗 シーズン成績 年度   楽天 開幕勝敗 シーズン成績
2014 吉川光夫 3勝4敗 防4.88 2014 則本昂大  14勝10敗 防3.02
2015 大谷翔平 15勝5敗 防2.24 2015 則本昂大 × 10勝11敗 防2.91
2016 大谷翔平 × 10勝4敗1H防1.86 2016 則本昂大 11勝11敗 防2.91
2017 有原航平 × 10勝13敗 防4.74 2017 美馬学 11勝8敗 防3.26
2018 ロドリゲス  × 3勝2敗 防5.26 2018 則本昂大 10勝1敗 防3.69

※パ・リーグ各球団の開幕投手の成績一覧(過去5年)
※太字は自身初の開幕投手

成瀬善久、涌井秀章らという確固たるエースがいたロッテ以外の各チームには、ここ5年間で少なくとも1人は初挑戦した投手がいました。彼らの成績を見ると、自己最高成績を残した投手が多め。あの大谷翔平もプロ入り3年目だった2015年に初の開幕投手を務めると、自己最多となる15勝を挙げて、自身初の最多勝と最優秀防御率の2冠を達成しています。

セ・リーグで顕著だった助っ人外国人投手の活躍ですが、パ・リーグで助っ人外国人投手が開幕戦に登板したのはわずか2例のみ。昨季のロドリゲスは日本の野球にうまく適応できず、本来の力を出し切ったとは言えませんが、2015年に開幕投手をディクソンは自己最多タイの9勝を挙げ、夏には自身初のオールスターゲームに出場するなど一定の成績を残しました。助っ人外国人投手にとって開幕投手は好成績の証と言えるのかもしれません。
 

今年の開幕投手初挑戦者は7人!

いかがでしたか? その年の成績を左右することになる開幕投手の大役。ちなみに今季、開幕投手に初挑戦した投手は今永昇太(DeNA)や大瀬良大地(広島)を含めて7人、助っ人外国人投手では5年連続となるメッセンジャー(阪神)がいます。彼らが今季、どんな成績を残すか注目してみると面白いかもしれませんよ。