やってはいけない! 街で見かけた4月のNGコーデ

いよいよ春! フレッシュな気分のこの時期はファッションも軽やかにいきたいですよね。でもオシャレ感のあるコーデに季節感は重要! 冬っぽさや暗い雰囲気を引きずってしまうと、コーデも浮きがちです。今回は4月についやりがちなNG例をご紹介します!

「季節感のズレ」が原因かも? 4月のNGコーデ

オシャレ感のあるコーデには「季節感」が大事!

新年度が始まり、気分もフレッシュなこの時期は、ファッションも軽やかにいきたいですよね。そんなこの時期ならではのNGコーデは、どんなところから来るのでしょう? それは春らしい雰囲気の中に、冬を引きずったような重たい雰囲気を感じさせてしまう「季節感のズレ」が原因かもしれません! ついついやりがちな4月のNGコーデについて、ご紹介します。
 

インナーに油断しがち! 春になったら再点検を

春アイテムからインナーがはみ出たり、透けたり、ラインが悪目立ちすることも……!

ニットやアウターなど、ずっと厚手のものを着ていた秋冬から春になると、つい油断しがちなのがインナー選び。

春らしい薄手の生地や、淡い色味のトップスを着るようになると、時にラインが響いてしまったり、色が透けてしまうケースも……。袖や裾が短い、または首元の開きが深い春トップスから、インナーが少しはみ出てしまっている人もよく目にします。

また、かなり着込んでクタッとしたインナーは形が崩れてしまっていて、フィットした洋服を着たときに変に生地が余ってしまうこともあります。

春らしい白や淡いカラーを着た時に、あとで慌てないためにも、毎年春が来たタイミングで一度インナーを再点検するのがおすすめです。最近はシームレスで、縫い目が浮き出ることなくスマートに着られるインナーも豊富。上手く取り入れて下さいね。

 

「バッグ大きめ派」は姿勢とバッグを振り返って

バッグは大きめで荷物が多く常に重たいバッグを持ち歩いている……という人に振り返ってほしいのが、姿勢です。というのも、重たい荷物を常時持っていると、ついつい猫背になってしまうから。特に腕に引っかけるような持ち方だと、重心が引っ張られてしまいます。

小さいバッグを選ぶ、荷物の量を見直す、バッグ自体をナイロンなど軽くて丈夫なものに変え軽量化してみる、など工夫してみてはどうでしょう。

大きなバッグの難点は実はほかにも……。色が黒やグレーなど暗い色だったり、バッグ自体があまりお手入れしていないようだと、サイズが大きい分、余計に目立ってしまい、春らしいコーデとのバランスも取りにくくなります。

「疲れた感」「生活感」が強く出てしまうと、どんなに着飾っても、素敵には見えにくいもの。イキイキと元気な印象でいるためにも、姿勢の悪さはNGです。

冬っぽさはNG! 薄手の防風×春色アウターが便利

風を通さない素材なら春の冷える夜でも安心!

春とはいえ、実際はまだ朝晩が冷えたり、寒い時もありますよね。でも面積が大きく、コーデを印象づけるアウターに厚い素材のもの、黒やグレーの暗い色使いのものを選んでしまうと、一気に冬っぽくなって季節感が逆戻りしてしまいます。

この時期は、薄手でも暖かい素材で、春らしいコーデにも使える色合いのアウターを持っておくと便利です。ベージュやオフホワイト、ライトグレー、カーキあたりで、風を通しにくいナイロンやポリエステル素材のものなら、屋外イベントでも安心です。

 

若い感じの甘アイテムには要注意

春は甘めアイテムがたくさん登場するシーズン。ピンクやベージュ、パステル系などの甘めカラーや、レースやギャザーなど、軽やかで女性らしいアイテムが多く登場します。

冬からの流れで春アイテムを見るとどれも新鮮で、さらにプチプラと聞くと、つい手が伸びそうになりますが、ちょっと待って!

特にプリーツスカート、レースアイテム、デザイン入りブラウスは、もともと素材感やデザインが軽やかなため、ペラペラ感や透け感が目立ってしまうものは安っぽく見えがちです。ライトピンク、白、ベージュ系は素材の良し悪しがごまかせないので、注意が必要です。

アラフォー女性がチープな甘めアイテムを着てしまうと、コーデから浮いてしまったり、若作りに見えてしまう危険性もあるので、お買い物の際は気を付けて。
 

春コーデは、避けるべきポイントを知っていれば実はとっても簡単。新しい季節を楽しんで下さいね! 以上「やってはいけない! 街で見かけた4月のNGコーデ」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは