「仕事感」が抜けない!ワーママがやりがちな休日のNGファッション

平日は仕事に育児に大忙しのワーママ。いざ休日になっても、ついお仕事の雰囲気を引きずってしまう、ショッピングの時に仕事にも使えそう?という視点が入り、堅い雰囲気になってしまうというお悩みも……今回は休日にやりがちなNGファッションについてお伝えします。

お仕事コーデを引きずる原因は「きれいめアイテムの使い方」かも

NGポイントを避けて、休日コーデも賢く時短!

平日はバリバリお仕事をしているワーママ。お仕事コーデの組み方は、さすがベテラン。ですがオンの日に全力な分、意外に休日コーデが苦手……というワーママも少なくないよう。

話を聞いてみると、お仕事コーデをひきずってしまい堅い雰囲気になる、というお悩みがあるようです。子供と一緒にお出かけしていると少し浮いてしまう気がする……と。

きれいめ休日コーデのつもりが、どことなくお仕事コーデを引きずったように見えるのは、きれいめアイテムの使い方が原因かも? 白シャツやカーディガン、パンプスなどお仕事でよく使うきれいめアイテムが、休日コーデに取り入れた時に、少々古い感じになってしまうのが落とし穴かもしれません。詳しく見ていきましょう。

シャツコーデが垢抜けず、休日っぽく見えない

もしかしたら、シャツの形がひと昔前の感じなのかも? 今はぴったりしたジャストサイズや、ストレッチの効いた小さめサイズ、襟が大きくデザインが入ったものは主流ではありません。また白シャツは清潔感が大事! 着こんで黄ばんだりヨレっとした感じはNGです。オンでもオフでも着回している白シャツがあるのなら、一旦見直してみたほうがいいかもしれません。

今なら少しオーバーサイズやロング丈、襟がスタンドカラーのものが休日に使いやすくおすすめです。例えプチプラでも、今っぽくパリッと新しい白シャツなら、リラックスした気分で晴れやかに過ごせるはず!
 

カーディガンのコーデがどことなく「お仕事中」っぽい

丸首、Vネック問わず、お仕事シーンでよく見るカーディガン。元々コンサバ派だった方に多い傾向ですが、「細く見えそう」とぴったりサイズを着るのは、今だと少々昔っぽい雰囲気になってしまうかも。また体型カバーでビッグサイズを着ると、おばさんぽく見えてしまいます。

少し肩を落としても着られる、こんな形が今っぽい! 出典:WEAR

今はボクシーで少し体が泳ぐような、ゆとりのあるサイズ感が旬。こんな風に前を留めて一枚で着るのも、最近のトレンドならでは。羽織ものだからと安易に選ばず、試着してサイズ感を確かめてみて下さい。

 

ベージュ系のきれいめコーデが古く見える

オフィス仕様のきれいめコーデで大活躍のベージュアイテム。ですが、顔の感じが変わってくるアラフォー世代。ベージュには黄味が強いものや、白っぽいものなどいろんなトーンがありますが、年齢を重ねるにつれ、顔映りがよくないものも出てきます。

お仕事用のきれいめ服では、そのフォーマルな雰囲気がカバーしてくれますが、カジュアルコーデにした場合、馴染みがよい反面、肌のアラや体型でもごまかしが効きません。

また、ベージュがハマり過ぎて、ミセス感が強まり老け見えすることも……。ベージュのかっちりアイテムや、パールやスカーフを合わせたエレガントなコーデの場合は気を付けたほうがよさそうです。白Tを挟んだり、メンズライクなテイストを合わせるなど、トータルでのバランスに気を付けてみて下さい。

 

ブラック/モノトーンコーデが怖そう

黒でかっこいい系を目指したつもりが、アラフォーになると迫力が出てしまうこともあるブラックコーデやモノトーンコーデ。辛口で隙のないコーデだと怖そうに見えることも。お子さんと一緒にいるときは、なおさら浮いてしまいがち……。

ノーカラーや起毛感のある素材なら、黒でも少し柔らかい印象に。お仕事でも使えます

黒やモノトーンを着る時は、スニーカーを取り入れて軽やかに、素材を柔らかいものに、ゆるっとサイズを選ぶなど、優しく見えるポイントも意識してみてください。

レースやプリーツ、バルーンスリーブなど、少し甘いディテールもバランスが取りやすいです。また、ブラックから少しまろやかなネイビーや、落ち着いたグレージュに変えるのも手。

顔周りが詰まっていると強い印象になりがちなので、ジャケットやコートはノーカラーにすると、上品さをキープしつつお仕事にも使えますし、迫力が和らぎます。

 

パンプスコーデが垢抜けず、古い雰囲気に

プチプラでも今っぽく歩きやすい、優秀なパンプスが手に入ります

「お仕事にも休日にもはけそう」と思って数年前に買ったパンプスは、もしかしたら少し古い感じになっているかも? いろんな用途で使えそう、という時は無難な選び方をすることが多いので、時が過ぎると少し古い感じになりやすいです。

つま先はポインテッドトゥ、甲の開きも足の指がきれいに見えるカットのパンプスなら、オシャレ度がぐっとアップします。ローヒールや、太くて低いチャンキーヒールは、歩きやすく今っぽさもキープできておすすめ。靴がスタイリッシュならシンプルコーデでもオシャレに見えます! 何か新調するならシューズから、というのも賢い選択です。

きれいめアイテムを上手くスライドさせられるようになると、休日コーデも簡単に作れるようになります。ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「「仕事感」が抜けない! ワーママがやりがちな休日のNGファッション」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない