脱・老け見え!甘すぎないアラフォー女性のスカートコーデのコツ

華やかさのあるコーデやオシャレしたい時に履きたいのはやっぱりスカート。ですが、甘すぎてしまうと途端に大人にはトゥーマッチになってしまいます。今回はアラフォー女性にちょうどいい、甘すぎないスカートコーデのコツをご紹介。ぜひチェックしてみて下さいね!

甘すぎると老け見えしがち! 大人スカートコーデのコツとは

甘さ控えめがオシャレスカートコーデのコツ!

「オシャレした感」と「体型カバー」が叶い、いくつになっても上手に付き合っていきたいスカート。ですが、スカート自体が女度の高いアイテムなので、甘すぎるテイストだとアラフォー世代には少々イタく見えてしまう場合も……。今回はスカートの種類別に、アラフォー女性におすすめの甘すぎないスカートコーデのコツをお伝えしていきます。


 

スカート選びの鉄則は甘さ/辛さのバランス感

スカートに限らず、アラフォー女性のコーデで甘さが強すぎると、どうしてもこってり、抜け感がなくなってしまいます。年齢によって体や顔の雰囲気が丸みを帯びたり柔らかくなるため、特にレースやピンクなどいかにも甘いアイテムをそのまま身につけるとアンバランスなイメージになり、老け見えしてしまうことも。

これはコーデの中で、可愛いとカッコイイのバランスを取ることで、調整できます。

可愛いとカッコイイのバランスが肝心

例えばピンク色が可愛いスカートなら、色そのものが「甘い」雰囲気なので、形は「カッコイイ」タイトにするなど、クールなデザインを選んで。合わせるアイテムもかっちりしたバッグや黒のシンプルなニットのように、辛口でスッキリした印象のものと組み合わせると程よくまとまります。

この逆もしかりで、ブラックやグレーなど辛口カラーならレーススカートなどの甘いアイテムでもOK、ふんわりフレアなスカートなら引き締めてくれるダークカラーを選ぶ。意識するだけでお買い物やコーデの失敗も減るはず。ぜひ覚えておいてくださいね!

 

万能に使える! ロングプリーツスカート

グレーなどの中間色は使いやすさ抜群 出典:WEAR

スカートが歩くたびに揺れる軽やかな雰囲気と、長め丈が体型カバーにもなるロング丈のプリーツスカートは大人にぴったりのアイテム。すとんと落ちるラインがキレイで、トップスからつながるようなトレンドのワントーン配色でコーデすれば、縦長に見えスタイルアップ効果も抜群です。

グレーなどニュアンスのあるあいまいな中間色はどんなトップスとも合わせやすいうえ、軽やかなプリーツスカートのデザインそのものにもマッチするのでおすすめ。

秋冬はレギンスやタイツを重ね履きしつつブーツで、春夏はフラットシューズやサンダル、スニーカーで、一年中活躍させられる優秀スカートです。

重くなりがちな黒のロングスカートもプリーツなら軽やか 出典:WEAR

モードな雰囲気がプラスされる、ブラックのプリーツスカート。黒いスカートは一見、着回しやすそうですが、ロング丈では少々重たくなってしまい、強い雰囲気になりがち。でもプリーツスカートならハードさを軽減してくれる上、合わせやすいので着回しにも◎。

ボリュームがあるので、ショート丈やウエストの前部分を少しインするなど、トップスをコンパクトに着ることでちょうどいいバランスにまとまります。

 

スッキリ見せてくれる長めタイトも使える

昔からの超定番アイテムながら、膝丈のタイトスカートではお尻が大きく見えたり、太ももが張って見えたり、ふくらはぎが目立つように感じたりして苦手……という方も多いですよね。

でも今のトレンドでもある長め丈のタイトスカートなら、肉感を抑えてくれ、スラッと見せてくれる優秀なアイテムが見つかります。

長めタイトはゆったりトップスとも相性抜群  出典:WEAR

生地はデニムやチノ、堅いコットンのように、太ももやヒップの丸みをできるだけ抑えてくれるような、肉感を拾わない厚手素材がおすすめ。2枚目として購入するなら、厚手のニットタイトスカートなど、旬のオシャレを楽しめる素材から選ぶのもいいでしょう。

タイトスカートは長め丈を選ぶことで、脚の太い部分が分断されるのを防ぎ、スラッと縦長に見せてくれます。この時、カラースカートなどはコーデの差し色になりますし、トレンド感のある華やかなコーデをしたい時にもおすすめです。

もっともっと着まわせる、コスパのいいスカートが欲しい時にはベージュ、ブラウン、グレー、カーキがベスト。またそれぞれのベーシックカラーの中間色であるグレージュやモカなども手持ちトップスとも合わせやすく、使いやすいはず。ぜひトライしてみて下さいね!


 

万人向け! 履きまわしやすいフレアスカート

長めのフレア丈スカートは着る人を選ばない万能スカート。トレンドというより定番の形なので、アラフォー以上の年齢になっても履ける可能性が高いシルエットです。

ただ、あまりにふわふわした生地感だと、腰から落ちる時に広がってしまい、下半身をどっしり見せてしまうかも。また、レーヨンなどTシャツやカットソーに使われる素材で、さらに薄手の場合、かなりカジュアルな雰囲気になりますし、長持ちする丈夫な素材ではないので要注意。スカート単体でもキレイなラインをキープできるような、少し厚手の素材がおすすめです。

膝下丈の長めフレアはどんな人でもトライしやすい 出典:WEAR

スカートのフレア感だけで十分な甘さがあるので、トップスはフロント部分を少しインしたり、丈の長くないニットを選んでコンパクトにし、スカートが主役のコーデを組むのが正解。ここでピンクやレーストップスなどを合わせてしまうとトゥーマッチになってしまうので要注意。フレアスカートに甘いテイストのものを合わせたい場合は、常に控えめを心がけつつ、バッグやアクセサリーなど、小物で取り入れてみるのがおすすめです。


 

合わせ方次第で着映えするコーデが簡単に作れるのは、やっぱりスカート。バランスに気を付けながらスカートコーデを楽しんで下さいね! 以上「脱・老け見え!甘すぎないアラフォー女性のスカートコーデのコツ」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化