2/22発売!ユニクロ×イネスでアラフォー女性が狙いたいおすすめ3選

毎回人気のユニクロ×イネスコラボの新作が2/22に発売に! 今回のテーマは「サントロペ」。南仏らしい軽やかなフレンチシックが楽しめます。中でもアラフォー女性が狙いたい3点を厳選してピックアップ。ぜひチェックしてみて下さいね!

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュのおすすめ3選

2/22発売のユニクロ×イネスは大人が使いやすいベーシック服が豊富!

フレンチシックで女性らしいテイストが毎回人気の、ユニクロとイネス・ド・ラ・フレサンジュのコラボ。2月22日には春夏の新作が発売になります。

今シーズンのテーマはイネス氏が生まれ、幼い頃から慣れ親しんだ南仏の港街「サントロペ」だそう。南仏らしい明るいムードを感じさせるウエアが揃う中で、アラフォー女性が狙いたい3点をピックアップしました。イチオシポイントと併せて、ぜひチェックしてみて下さいね!
 

1. ブラウン風のダークオレンジが大人可愛いチュニック

リネンチュニック 3990円(税抜)

リネンチュニックはリネン100%素材で、ナチュラルで気持ち良い肌触りが魅力的。注目したいのはキャラメルのような、ダークオレンジというカラー。通常、夏っぽい涼やかな色で展開されることが多いリネンアイテムには珍しく、オシャレ心をくすぐります。ボトムにホワイトやデニムなどベーシックカラーを合わせてスッキリ、ピンク系やベージュなどを合わせて優しくまろやかなイメージに、といろんな着こなしが楽しめそうで、コスパの面も◎。

シワっぽくなっても味が出るのがリネン素材の良いところ。ですが、シャツ型で襟の先がヨレてしまうと、かなりラフな雰囲気になってしまい気になることも……。でもこちらはスタンドカラーなので、その心配もゼロ。裾を出してサラッと着ても、インしてクリーンにも着られるので、いろんな印象を楽しめるのが買いポイントです。


 

2. フレンチシックなこだわりが見られる大人のためのボーダー

フィッシャーマンボートネックボーダーセーター  2990円(税抜)

根強いファンが多い、ボーダー柄。ただ、アラフォーになると今までのボーダートップスが、少々子供っぽく見えてしまうというお悩みも耳にします。でも、今回のユニクロ×イネスコラボには、大人にぴったりのボーダーアイテムが登場!

フィッシャーマンボートネックボーダーセーターは、 コットンの風合いなのに、着心地や肌触りはふんわり軽いのがポイント。首元もTシャツ型ではなく、横に長く開くようになっているので、女性らしさもアップ。 肩や袖口にもステッチ風のデザインが入っていて「ただのカジュアルなボーダー」ではない、こだわりを感じます。

ホワイトベース×シックなレッド、ベージュベースに水色など、カラーリングもひとひねりされていて、オシャレ見えもバッチリ。いろんなコーデに合わせやすく、ボーダー愛好家の方でもまた新鮮に着られそうなアイテムです。


 

3. 控えめな甘さが大人にちょうどいいワンピース

ジョーゼットギャザーワンピース 4990円(税抜)

お呼ばれにも着ていけそうな、長め丈のジョーゼットギャザーワンピース。中でもシックなネイビーがアラフォー女性に一押しのカラーです。細いギャザーが多く入っていて動くたびにきれいに揺れるので、エレガントにも見せてくれます。

アラフォー女性は甘さ、エレガントさが強すぎるワンピースだとハマり過ぎて、こってり重たい雰囲気になってしまうこともありますが、このギャザーとネイビーの組み合わせが控えめな甘さで、大人にちょうどいいバランス。

こちらはウエストまでボタンも開閉できるので、スッキリ着たい時は首元のボタンを開けて、クラシカルに着たい時は全部留めて、というアレンジが可能。

ウエストはゴム仕様になっていて伸縮性があり、フィット感を調整できるベルト付きなのも、お腹周りが気になるアラフォー女性には嬉しいポイントです。

発売が楽しみなユニクロ×イネスのアイテム。ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「2/22発売! ユニクロ×イネスでアラフォー女性が狙いたいおすすめ3選」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」