大人女性が着るべき!2・3月の正解ファッション

まだまだ寒い日が続いていますが、気づけは日々のコーデも防寒最優先の「おばさんコーデ」になってしまっていませんか? 今回は簡単ですぐ取り入れられる、オシャレなカジュアルコーデについてお伝えします。ぜひトライしてみて下さいね!

即マネしたい!脱・おばさんのステキカジュアルコーデ

マンネリしがちな冬コーデのヒントにしたい、簡単に再現出来るコツをご紹介

まだまだ外は寒いですが、防寒最優先のコーデは、だんだんマンネリになってきますよね。たとえ12月と同じような気温の日であっても、この時期のファッションなら、春に向けて少し軽やかさも取り入れていきたいところ。

季節を無視して機能だけを重視したコーデは、おばさん一直線……。そんな最悪な事態を避けるためにも、 今回は簡単に取り入れられて、オシャレなコーデの作り方についてお伝えしていきます。

 

重ね着も楽々&春っぽさも! プリーツスカートで軽やかに

ボリューミーだけど軽やかな素材感で春らしさも意識して 出典:WEAR

プリーツスカートはマンネリしがちな冬コーデのカンフル剤になる優秀ボトムス。動くたびに揺れる軽やかさが、春っぽさも感じさせてくれます。ボリューム感が可愛いアイテムなので、下にしっかり重ね着しても目立たず、防寒面もばっちり。これからプリーツスカートを手に入れるなら、黒などよりも、くすんだようなニュアンスのある中間色が春先まで使えておすすめです。

プリーツスカートは動きが出るので軽やかに見えるのが◎ 出典:WEAR

タイツやレギンスを重ねてもシルエットが崩れにくいのがメリット。はくだけでガラッと雰囲気が変えられるので、他にベーシックなアイテムを合わせてもオシャレ感が出るのが嬉しいポイントです。


 

簡単にオシャレ見え&防寒も◎なワンピース

花柄アイテムは大人の女性にはブラックベースがベスト 出典:WEAR

花柄のワンピースは一枚でオシャレ感が出せる優秀アイテム。大人の女性が着るには、ブラックなどのダークカラーがベースで、なおかつ花柄が小さいものが使いやすくておすすめです。写真のようにロングアウターと合わせて縦長ラインを作った着やせコーデや、上からニットやスウェット、パーカーをかぶせて着て、スカートのようにしても着回せます。

花柄アイテム自体、実はあまり流行り廃りがないのでずっと着られるコスパアイテムでもあります。コーデの雰囲気を変えたいときにも、活躍してくれるはず!

ダークカラーコーデはすとんとしたIラインでほっそり見せ 出典:WEAR

今年、プチプラブランドからも沢山出ていたニットワンピ。下にパンツやレギンスを重ねるのが今年らしい着こなしですが、同時に寒さ対策もできるのでまだまだおすすめの着こなしです。こちらも縦長のIラインになるよう、まとめるのがコツ。

手持ちのニットワンピがフレア気味……という場合は、細いベルトを上からウエスト部分に軽く巻くアレンジがおすすめ。ブラウジングで調整することで、下に重ねたパンツやレギンスともバランスが取りやすく、スタイルアップして見せられます。

 

白を選べばニットでも軽やかにキマる

白ニット&ベージュのミルキー配色で明るく 出典:WEAR

もう重たい色は着たくない!という時に使えるのが白ニット。素材はモコモコあったかでも、カラーが白なだけでかなり明るい雰囲気に。デニム&スニーカーでも軽やかさが出せるので、「三首(首・手首・足首)出し」にはまだ寒いという今、抜け感作りにも重宝します。

冬のきれいめコーデでも白ニットは重宝します 出典:WEAR

たとえ日中の温度が上がる日でも、朝晩はまだまだ冷えるため、なかなかアウターを春仕様に変えるのは難しいですよね。そんな時こそ、中のトップスを白ニットに変えるだけで明るい雰囲気にシフトできます。今の時期にちょうどいい配色が作りやすく、春らしい色を取り入れる場合も相性◎なので、この時期の白ニットは本当におすすめです。


 

簡単にオシャレになれる! 困った時のワントーンコーデ

白、ベージュ、キャメルのワントーンはリュクスな雰囲気に 出典:WEAR

コーデがマンネリしているけど、今さら冬物を買うのも気が引けるという時は、手持ちアイテムでワントーンコーデにトライしてみて下さい。コツはベーシックな色の同系色で揃えるだけ、と簡単。手持ちのアイテムなのに今まで合わせたことのないコーデが作れて、トレンド感もプラスされるのでいいことづくめです。白、ベージュ、キャメルのワントーンなら、大人の女性ならではの落ち着いたリュクスな雰囲気に。

着やせ効果もある上に洗練されたオシャレが楽しめる 出典:WEAR

お仕事や、きちんとしたい時にはブラックやネイビーなどでまとめるのもおすすめ。ただし暗い色合いでまとめる時は、重たい雰囲気にならないように意識するのがコツ。素材感の違うものをミックスさせる、髪をまとめる、肌が出ない分耳元のアクセサリーでアクセントを付ける、など、全体が広がり過ぎないようコンパクトにまとめると、「ただの真っ黒コーデ」にはならず、ぐっとオシャレさがアップします。
 

冬コーデのマンネリ防止に、ぜひ試してみてくださいね! 以上「大人女性が着るべき!2・3月の正解ファッション」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」