年末年始の帰省・旅行で最強に使えるファッションアイテム5選

年末年始の帰省のためのパッキングは、極力簡単に済ませたい! でも人に会う機会も増えるのでオシャレさも欲しい、という時に使えるアイテムを5点ピックアップしました。この5アイテムを軸に、好みのアイテムを足していけば一通りのシチュエーションには対応できるはず! ぜひ参考にしてみて下さいね。

年末年始の帰省で「大人の女性」が本当に使える服は?

防寒を意識しつつ使えるアイテムをパッキングするのが◎です

ただで忙しい年末、帰省用のパッキングは極力簡単に済ませたいですよね。でも人と会う機会も多いので、オシャレさもマストで欲しいし……。そこで今回は、そんな年末年始に絶対使えるアイテムを5つピックアップしてみました。詳しくご紹介していきます。
 

1. 1枚でも重ね着でも使えるニットワンピース

今年はレギンスやパンツを重ねるコーデがトレンドなこともあり、ニットワンピが豊富。寒い地域に行く場合は厚手のタートルニットワンピが保温性も高くて最適。車移動や室内で過ごす時間がほとんど、という場合は、首の開いたクルーネックやVネックが過ごしやすいです。余裕があれば細ベルトも一緒に持っていくと、シルエット調整ができたり、食事会などのオシャレにも対応できて、おすすめです。
 

2. キレイ色のスウェットやニット

中間色の、くすんだブルーやピンク、グリーンのスウェットは使い勝手抜群です

せっかくの長期休暇なのですから、やっぱり体を休めてくつろぎたいですよね。 そんな時はオシャレ見えできて、かつ楽チンなアイテムが一番! 今年トレンドのスウェットは、長時間の移動もストレスフリーで過ごせるので、帰省時にもぴったり。ですが、着こんだものやグレー系などはパジャマ感が出がちなので要注意。今年らしいモックネックのタイプや、新年を意識してキレイ色を選ぶと部屋着っぽさを払拭できます。

肌触りのいい厚手のコットンニットも使えます

冬のお出かけというと、ニットを選ぶ人も多いと思います。特にキレイ色のニットなら、それだけで新年らしい華やかコーデも楽しめるはず。ですがニットは体へのフィット感があるので、一日着ていると疲れてしまう……、ホコリが付いたり毛玉ができやすい……という、着回しには不向きな面も。特にウール等は汚れが付くと大変な素材なので、すぐに洗濯できない環境で着る場合には注意が必要です。

家事の手伝いで水ハネや汚れが気になるときだってあるかもしれません。そんな時も、スウェットならあまり気を使わず、すぐ水で叩くなどして応急処置も簡単。ここはご自身の過ごし方に合った方を選んでみて下さいね。
 

3. きれいめ寄りの長め丈スカートは万能

タイツ、レギンスからデニムまで、今年はスカートとのレイヤードが旬

タイツはもちろん、レギンスなども重ねやすく、今年らしいオシャレも防寒も両方可能な長め丈スカート。新年のご挨拶で人と会う時や同窓会、友人との食事など、少しだけオシャレしたいな、という時のために、きれいめ寄りのデザインを持って行くと便利です。前述のニットワンピの裾から覗かせたり、スウェットやニットと合わせてミックスカジュアルに仕上げたり、とそれぞれの合わせやすさも◎です。
 

4. デニム以外の、楽チンかつ落ち着いた印象のパンツ

まったく気を遣わなくてもいい帰省ならデニムでも問題ないのですが、目上の方に会う、旦那さんの実家にご挨拶にいく、という機会がある方は、デニム(特にダメージ系)は避けた方がいいかも。特に年配の方のなかには「挨拶の場にデニムで来るのは失礼」という考えをお持ちの方もいらっしゃいます。またちょっといいレストランでお食事などの予定がある場合は、そもそもドレスコードでデニムがNGだったり、周りから浮いてしまう可能性も……。

こう言ってしまうと、「とにかくきれいめボトムス!」となってしまいますが、長時間の移動の可能性もふまえると、履き心地のよさも譲れません!

ここは楽チンで、見た目は落ち着いていて何にでも合わせられそうなパンツがおすすめ。ウエストゴムは抵抗があるという方も、冬ならそこまで分かりにくいので取り入れてOK。「暖パン」などの防寒素材や、ストレッチが効いているものなど、履き心地は楽チンさを優先させて、色味とデザインでバランスを取り、色の効果できちんと見せるのがおすすめです。

万能で品のあるネイビーやブラック、またグレンチェックなどグレー系も落ちついた印象になり、合わせやすいです。
 

5. 寒さ調整に役立つインナーダウンや厚手のストール

食事や飲み会、初詣などで夜、外に出ることも多いのが年末年始。冬の夜は冷え込むことも多いですし、寒さ対策用のアイテムを1点持っておくと安心して過ごせます。おすすめは1枚でも着られるようにデザインされているインナーダウンや、厚手のストールなど。

ストールを上手く使うとオシャレ感がアップするので大人の女性に◎

ヒートテックなどの厚手インナーも、寒い地域に行く場合は使えますが、コーデに足したり引いたりが簡単にできる防寒アイテムなら、より体温調整がしやすいのがメリットです。

インナーダウンはよく着るアウターの同系色が使いやすいですが、これから初めて買う、という場合は万能に使えるブラックがおすすめ。首元が内側に折りたためるようになっていて、クルーネックにもVネックにもできる2WAYのものがあったらベスト。首まで閉められるアウターにはクルーネック、チェスターなど首元が開くアウターにはVネックと変化させられるので、より着回せます。

ストールは厚手であることがポイント。たかが布1枚と思われがちですが、体を覆うように羽織ると、厚手のストールならとっても暖かい! 移動中や外食中に足元が冷えた時もさっとかけられ、風が強いときは顔を覆うように巻いても暖かいので、かなり使えるアイテムです。

ぜひ参考にしてみて下さいね! 以上「年末年始の帰省・旅行で最強に使えるファッションアイテム5選」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは