人気のカラーニット!大人女性を老けさす色は?

カラーニットは寒い時期しか楽しめないアイテム。顔映りがよくなったり、コーデを明るくしてくれたり、メリットの多いカラーニットの「40代に似合う色」「老けさす色」、プチプラで避けたいカラーニットについて、詳しくお伝えしていきます。

メリットは「色」を楽しめ、顔映りもよくなること

同じ色でも、Tシャツなら難しくてもニットなら着られる場合も!

今回取り上げる「カラーニット」は、暗い色使いになりがちな秋冬コーデを明るくしてくれる、大人女性にとって言わば救世主的アイテム。ニットなら一枚でサマになるので、コーデが簡単なのも嬉しいですよね。その上カラー効果で顔映りもよくなり、普段よりいきいきとした印象に見えることもあるので、上手く取り入れたいところ。

そもそもニットは、素材自体に温かみがあり、ナチュラルな雰囲気なのも魅力です。そのため派手色に冒険してみても、シャツなどに比べまろやかな発色になるので、普段ベーシックな色ばかり着ている人でも、カラーものを取り入れやすいのも大きなメリットです。
 

40代に似合うニットの色は「顔映り」を重視して

店頭にはさまざまなカラーニットが並んでいるのに「もうアラフォーだし……」と無難な色ばかりを選んでいてはもったいない! 先述の通り、カラーニットはモコモコとした素材感が発色をまろやかにしてくれるので、ヴィヴィッドピンクのTシャツは着られなくても、ニットなら着れる!というケースも多々あります。

一般的に40代になると顔色がくすみがちなので、白系や淡めカラーなど、パッと明るく見せてくれるような色はぜひ積極的に取り入れてほしいカラーです。

また40代になると、20代の頃と比べて似合う色が変わることもあります。これまで得意だった色が浮いて見えたり、逆に地味だと思って避けていた色がリッチでシックな印象に見えたり、変化の大きい年代です。その変化をプラスに捉えて、いろんな色に挑戦していくとオシャレの幅も広がっていきます。

ピンク系でもトーンによって変化が。グレーがかったくすみ系は基本的に使いやすいです。

例えばグレーなら白やシルバーに近いライトグレーと黒に近いチャコールグレー、ベージュなら白っぽいサンドベージュと黄色が多く入ったキャメル、ピンクなら甘いパステルピンクと果実のようなベリーピンク、というように、色にはトーンの幅があります。

コスメ選びによく用いられるカラー診断ではブルーベースの方には白や青みがかかったクールなカラー、イエローベースさんには黄色ベースなどの温かみのあるカラーが似合うと言われていますが、ニットの場合は面積が大きいため「顔映り」も重視したいポイントです。例えばイエローベースでも黄色やオレンジ系のニットを合わせると、似合っていて馴染みはいいものの、黄色っぽさが引き立ってしまうというケースも……。

同じ色でもトーンの違いで着映えしたり、顔がくすんでしまったりと見え方は変わるので「私には○色は似合わない」と決めつけず、ぜひいろいろな色にトライしてみて下さい。
 

要注意! プチプラのカラーニットで気を付けたいこと

ひとつだけ、大人女性が避けたほうがいいカラーニットをあげるなら、発色が安っぽいものです。特に、幅広い世代をターゲットにしているプチプラブランドのカラーニットには、この価格でこのクオリティ?と嬉しい驚きのものもあれば、コストを抑えるため素材にアクリルを多く含んでいるものもあります(特にざっくり系ニット)。
 

アクリルは素材の特性上、テカテカとした発色の仕方をするものもあるので、特にレッドやピンク、イエロー、オレンジなどの元気なヴィヴィッドカラーの場合、ちょっと若い子向けに感じる色合いになることも……。

「高見えする発色」という目線からは、アクリル多めは避けた方が無難かも。プチプラでもウール系は安心です。

アクリル100%のニットだと、お値段は確実に安くなるので、どうしてもこのカラーを試してみたい!という場合や、そもそもがシックなカラーだからそこまでアクリル感は出ないはず、というものには使えるかもしれません。

ですが、使い捨てではなく長く愛用したい「量より質」派の方は、アクリルが多いものは避けた方が、色も高見えし満足度も高いかも? 
 

おばあちゃん風カラーはコーデで解決!

ブラウン系やマスタードなどのニットの場合、コーデによっては少々ほっこり感が強くなってしまうこともあります。

特に要注意なのは、ミックスニットと言って、いろんな色が混ざって編まれているもの。ブルー系やピンク系、グレー系などのミックスニットは色に奥行感があり混ざっている分、ボトムスに合わせるカラーも幅広くて便利なのですが、ブラウンやカーキ、マスタード、オレンジなどのアースカラーがミックスされたニットは渋い印象になりがちなので、アラフォー女性にはまだ早いかも?

あえて好みで選んでいる場合は別ですが、ここにボトムスやコート、シューズまで全身ほっこり感のあるアイテムを合わせてしまうと、おばあちゃん風に見えてしまうかもしれません。

そんな時はシャープなアイテムを合わせて、コーデで解決を。体型を隠してしまうモコモコした素材のロングスカートや丸みのある靴ではなく、細めシルエットのきれいめデニムorボトムスやポインテッドトゥのシューズが好相性。

また、ボトムスや小物に清潔感のある白を多用したり、ニットの首元や裾から白シャツを覗かせるのも、アクセントになります。意識してシャープな部分を作ることで、アースカラーのニットとのバランスがよくなり、オシャレにまとまるはずです。
 

夏ならOKな色使いも、冬は基本的に肌を覆ってしまって抜け感がなくなりがち。特にニットはふわふわした素材感が可愛い分、体のシルエットも丸く見せてしまうので、ほっこり感とシャープさのバランスを意識するといいでしょう。
 

カラーニットは寒い時期しか楽しめないアイテム。ぜひ取り入れて見て下さいね! 以上「人気のカラーニット!大人女性を老けさす色は?」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」