成城石井の2018秋冬チョコレート!新作の板チョコ食べ比べ

世界各国からバイヤーがこだわりぬいて選んだ食品が揃う『成城石井』。チョコレートに関してもこだわりが強く、今年も選りすぐりのアイテムが最大400種類も店頭に並びます。その中でもオススメをご紹介します。

最大約400種類!トレンドもおさえた「成城石井」のチョコレート

「成城石井」には、世界各国のチョコレートがずらり!

世界各地からバイヤーが買い付けたこだわりの食品が揃う『成城石井』。チョコレートに関してのこだわりもすごく、毎年、世界のチョコレートのトレンドをバイヤーが見ながら、新作のチョコレートを揃えているほど。その数はなんと最大で約400種類! うち約半数が、成城石井が自社輸入しているチョコレートだというから驚きだ。

そんな「成城石井」のチョコレートの仕入れのこだわりを、少しだけ紹介しよう。チョコレートの仕入れは、毎年1回、ドイツのケルンで開催される世界最大の菓子見本市「ISM ケルン国際菓子専門見本市」から始まる。東京ドーム2.2個分の会場に世界68ヵ国・1649ものブースが出展されており、成城石井のバイヤーは、みずからの足と目と舌をフル回転させ、無数の商品の中からより良い商品を見つけ出すのだ。

成城石井のバイヤーは、2018年のチョコレートのトレンドを次のように分析している。「近年、話題になっているビーントゥーバーの流れはそのままに、昨年日本で話題になった機能性チョコレートをはじめ、シングルオリジン、有機カカオ、フェアトレード、砂糖不使用といった特徴を掛け合わせた“ハイブリッドなチョコレート”のニーズが高まっているようです」。

そんな背景をふまえ、2018年11月より「成城石井」から発売されているのは、味や品質にこだわりつつ、華やかなパッケージにもこだわったチョコレート。以下、おすすめを順番に紹介しよう。
 

成城石井初!「シングルオリジンチョコレート」シリーズがお目見え

「成城石井 シングルオリジンチョコレート」(各税抜499円)。1枚100gなので、たっぷり楽しめる


11月10日に発売されたのが、シングルオリジン(単一産地のカカオ豆)にこだわった板チョコ「成城石井 シングルオリジンチョコレート」シリーズ。バイヤーが産地を厳選した「ウガンダ(カカオ分80%)」、「エクアドル(カカオ分71%)」、「ペルー(64%)」、「マダガスカル(31%)」の4種類を揃えている。それぞれのカカオの特徴を生かしながら、お値段は1枚100gで499円!自社輸入の強みを発揮し、圧倒的なコストパフォーマンスを実現している。

一般的には食べにくいことが多いカカオの80%のチョコレートも、苦みだけでなく芳醇なアロマとともに楽しめるため、食べやすいのが特徴。スモーキーな香りと酸味が特徴的な「エクアドル」、華やかなアロマの「ペルー」など、それぞれ個性が際立っているので、ぜひ食べ比べてお気に入りをみつけてもらいたい。

 

高級感のあるパッケージがギフトにも最適!フレーバートリュフ
 

ピュア社のトリュフ。左より、「ミルクキャラメル」、「ミルクココナッツ」、「ラズベリー&チーズケーキフレーバー」(96g・各税抜890円)。トッピングのラズベリーやココナッツのカリカリとした食感が楽しい。

こちらも2018年より新登場のチョコレートで、2007年にラトビアで創業したピュア社の商品。ベルギー産のチョコレートを使い、さまざまなフレーバーのトリュフチョコレートを製造している。「成城石井」では、「ラズベリー&チーズケーキフレーバー」、「ミルクココナッツ」「ミルクキャラメル」の3品を展開。高級感のあるパッケージは、ちょっとしたギフトにも最適だ。
 

イチジクとチョコレートがオトナの味わい

「キシテ フィグチョコレート」(3P税抜550円、9P税抜1,590円)。1粒が大きいので、お酒と一緒にゆっくり楽しみたい

次に紹介するのは、お酒のおともにぴったりな大人のチョコレート「キシテ フィグチョコレート」(3P税抜550円、9P税抜1,590円)。自社で栽培から収穫、検品までを行い、伝統的な製法で育てたスペイン産のドライイチジクに、地元メーカーのブランデー入りトリュフを詰め、チョコレートでコーティング。イチジクの甘みとプチプチとした食感にビターなチョコレートが溶け合い、ワインやブランデーと合わせたくなる味わいだ。
 

老舗シモン・コル

「シモン・コル チョコレートバー」(各税抜199円)。コーヒーブレイクにぴったりな食べきりサイズ

1840年創業のスペインの老舗「シモン・コル」。創業時より良質なカカオ豆をガーナから輸入。ビーントゥーバーがトレンドになるずっと前から、カカオ豆からのチョコレート製造を一元管理して行っている歴史あるチョコレートメーカーだ。

そんな老舗のチョコレートを手軽なお試しサイズで購入できるのが「シモン・コル チョコレートバー」(各税抜199円)。「ミルク」、「カカオ60%」、「カカオ70%」、「カカオ85%」の4種類が発売されている。カカオ豆の香りを損なわないよう、殻ごとローストしているというだけあって、豊かなカカオ豆の風味が楽しめる。

「シモン・コル カカオニブ」(30g・税抜499円)。缶のデザインもおしゃれ。

小さな缶に入った「シモン・コル カカオニブ」(税抜499円)は、カリカリッとした食感のガーナ産カカオニブを、カカオ70%のチョコレートでコーティング。濃厚なカカオの風味とほろ苦さを楽しめる。手軽に持ち運べるので、デスクやカバンにそっとしのばせておけば、甘いものが食べたいときに重宝しそうだ。

ここで紹介した以外にも、世界各地のチョコレートがたくさん揃う成城石井。自分用のおやつからお土産まで幅広い商品が揃うので、パーティーシーズンのこの時期にも活躍してくれること間違いなしだ。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは