レギンス流行が再燃!ダサくならない今年らしいコーデのコツ

今回は、今年再びトレンドアイテムとしてカムバックしてきたレギンスをピックアップ。長め丈のトップスとあわせるのが主流なので、体型カバーもできて今っぽいオシャレさも手に入ると、アラフォー女性にはメリットがいっぱい! ぜひトライしてみて下さいね。

アラフォー女性にあうレギンスコーデのコツとは

今年はレギンスがトレンドに復活! 足首まで暖かく、防寒面でも役立つレギンスは大人の女性にとっても嬉しいですよね。でもお久しぶりなアイテムなので、ひと昔前っぽいコーデや幼い着こなしはNG。今回は、大人がレギンスを今年らしく履くためのコツをお伝えします。
 

シャツワンピースにレイヤード

シャツワンピならまとまりやすいので気軽に重ねてOK  出典:WEAR

シャツワンピは襟やシルエット的にカッチリ感があるので、カジュアルなレギンスとバランスが取りやすいアイテム。シャツワンピのカラーや丈を気にせずにあわせられます。スタイルを良く見せるには、ウエストマークやロールアップで調整するのが◎。

ワントーンならぐっと今っぽさがアップ 出典:WEAR

休日のカジュアルコーデなら、ラフにワントーンで揃えたスニーカーコーデも◎。色を統一することで、ルーズさをオシャレ感に変えてくれます。このまま上からロングカーデやコートなど、長めのアウターを羽織っても可愛い! 今っぽさ抜群のコーデです。
 

パンツ感覚で大きめトップスにあわせて

トップスを重ね着して白を挟むことでオシャレ見え 出典:WEAR

スリムパンツは引き締め感が強くて苦手という場合、レギンスで代用という手もあります。レギンスも、特にリブなど伸縮性の高い素材や、少しゆとりのあるサイズを選べば、着心地抜群のスリムパンツ感覚で履くことができます。

その際、ヒップがしっかり隠れるビッグサイズのトップスはマスト。白のシャツやロンTを挟むと、ルーズに見えるのを防いでくれます。シューズやバッグがカジュアルだと一気に幼くなってしまうので、スニーカーやリュックをあわせるのはNGです。

身体が泳ぐサイズ感のトップス&シャツで細見えも 出典:WEAR

ヒップが隠れる長め丈や身体が泳ぐゆとりのあるトップスは、体を華奢に見せてくれるので、スタイルアップ効果も抜群。ストライプのシャツなど、かっちりしたイメージのアイテムを中に着ると、コーデを引き締めてくれるフレームのような効果も。手持ちアイテムで再現できるので、ぜひトライしてほしい簡単テクです。
 

チュニックや変形トップスなど半端丈の服にも

長め丈のトップスが生き返るかも? 出典:WEAR

ここ最近は、ワイドパンツにあうような短め丈のトップスやシャツインが主流で、チュニックなど長め丈トップスはトレンドから遠ざかっていましたよね。でもレギンスが復活したことにより、バランスの取りやすいロング丈のトップスも目立ってきています。ヒップが隠れるような、少し大きめなニットやスウェットをあわせるコーデも人気です。
 

履き心地が楽なレギンスと、気になるお腹やヒップまわりを隠せるロング丈トップスのコーデは、アラフォー女性にはメリットが多くておすすめ! ただし、バッグとシューズはかっちりした物を選んで、だらしない印象になるのは避けて下さい。
 

半端丈レギンスにご注意を!

ワンピースにあわせるのは、コツ入らずの鉄板コーデですが、ひとつ気をつけたいのが丈感。以前は、七部丈のレギンスをあわせるコーデもありましたが、あれは足が分断され短く見えますし、昔っぽい雰囲気になりがちなので気をつけて。


 

レギンスの流行で、チュニックなど、手持ちの長め丈トップスも復活させられるかも? ぜひ新しい着こなしを楽しんでみて下さいね。以上「今年はレギンスがトレンド! アラフォー向けおすすめコーデとは」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない