恋愛運のいい人ができて、悪い人ができていないこと

いつもいい恋愛をしている人もいれば、悪い恋愛をして苦しんでいる人もいます。恋愛運のいい人ができて、悪い人ができていないこととは何でしょうか? それぞれの特徴をご紹介します。

あなたの恋愛運が悪い理由とは?

いつもいい恋愛をしている人もいれば、悪い恋愛をして苦しんでいる人もいます。恋愛運のいい人ができて、悪い人ができていないこととは何でしょうか?
 

まず、誤解をしてはいけないのが、いい恋愛をしている人たちの多くは、必ずしも片思いが成就しているわけではありません。またフラれたことがないわけでもなく、失恋もいくつも経験しています。つまり、「何もかも自分の願いが叶っているから、恋愛運がいい」というわけではないのです。

恋愛運が悪い人ができていないこととは?


恋愛運が悪い人がやってしまっていることを知ると、むしろ恋愛運がいい人ができていることが見えてきます。
 

例えば、恋愛運が悪い人は「こうでなければ、幸せになれない」という思い込みを強く抱きがちです。だから、片思いをすると、「付き合うのであれば、この人でなくてはいけない」と相手に執着し、また恋人と別れてしまうと、「運命の人と別れてしまったのかもしれない」と、未練を持ち続けます。それでは、“その後、訪れる幸せ”に気付けなくなってしまいます。
 

失恋があるからこそ、新たな人と出会い、恋が始まることもあります。もしかしたら、次に出会う人こそが、あなたの運命の人かもしれないのです。
 

でも、片思いの相手や終わってしまった恋に執着してしまう人は、視野が狭いので、“別の幸せ”を考えられないことも多いもの。だから、「新たな幸せを掴みそこなってしまう」のです。
 

恋愛運のいい人ができていること


一般的に、運のいい人は、「自分が考える幸せなんて、たかが知れている」と思っています。だから、それが叶わなかったときには手放し、また新たな幸せを見つけることができます。
 

恋愛でも同じです。過去の恋愛を手放すことで、新たに得られるものも出てくるもの。それは何かと言えば、「新たな人と恋ができるチャンス」です。
 

恋愛運のいい人は、失恋をすると、自分がフリーである環境を生かして、独身者が集まる場に参加したり、恋人候補の人と食事をしたりします。そんな風に今の自分の置かれた状況を楽しんで、キラキラ輝いているからこそ、また新たな恋を得やすくなります。
 

恋愛に限らず、運がいい人ができていることと言えば、「いつでも目の前にある幸せに気付き、感謝し、それを生かすこと」です。
 

つまり、恋愛運のいい人は、恋人がいない時は、“フリーという立場ならではの幸せ”に気付き、存分に生かせるからこそ、新たな恋を掴むことができるのです。
 

自分を大切にしてくれる人こそが、最適な相手


恋愛運のいい人は、もう1つ大切なことを知っています。それは、「自分を振るような人に未練を持ち続けるよりも、もっと自分を大切にしてくれる人と付き合った方が、幸せになれる」ということです。
 

だから、失恋をしても、そこまで未練を抱きません。その人よりも、自分にとってもっと素敵な相手がいることを分かっているからです。むしろ、「今、このタイミングで、自分を不幸にするような人とは縁が切れてよかった」とすら思えるのです。
 

今ある環境ならではの幸せを見つけ、それを生かせる人になって、恋愛運のいい人になりたいものですね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは