「都合のいい女」がやりがちなこと3つ

男性に「都合のいい」扱いをされてしまう女性が少なからずいます。彼女たちの“あるミステイク”が、そんなナメられた態度を相手に取らせてしまうのです。

あなたは、「都合のいい女」になっていませんか?

男性に「都合のいい」扱いをされてしまう女性が少なからずいます。彼女たちの“あるミステイク”が、そんなナメられた態度を相手に取らせてしまうのです。


例えば、「都合のいい女」にされてしまう人がやってしまうことと言えば、主にこの3つです。

・付き合ってもいないのに、体の関係を持ってしまう
・彼に嫌われたくなくて、言いなりになってしまう
・彼中心の生活を送ってしまう

以下に、1つずつ解説します。
 

付き合ってもいないのに、体の関係を持ってしまう


付き合ってもいないのに肉体関係を持つような女性を、男性は基本、尊敬しません。そんなに簡単にHをさせる女性に、価値を見出すことができないのです。
 

だから、女性は、どんなに好きな人に誘われたとしても、「恋人でもない人とは、Hをしない」と言って、キッパリ断った方がいいでしょう。
 

彼に嫌われたくなくて、言いなりになってしまう


「たとえ夜中でも、『会いたい』と言われたら会ってしまう」「相手のワガママな行動を許してしまう」「お金を貢いでしまう」など、嫌われたくなくて、相手の要求に応えてしまう人は、ナメられます。
 

相手からしてみれば、「彼女は自分なしでは生きていけないから、離れていかないだろう」と高をくくってしまうので、ますます都合のいい扱いしかしなくなるでしょう。
 

都合のいい女の中には、「彼の言うことを聞いてあげることが優しさ」だと勘違いしている人います。でも、相手がワガママし放題なのを放っておくことが優しさのはずがありません。彼を堕落させますしね。
 

自分が嫌われたくなくてやる優しさは、“自分のため”の行動にすぎません(=自己愛)。相手に愛情があるのであれば、“相手のため”に、きちんと叱れる人にならないといけないし、それこそが本当の優しさだということに、気付いた方がいいでしょう。
 

彼中心の生活を送ってしまう


「休日は彼とばかり過ごそうとする」「彼からの連絡をいつも待ちわびている」など、彼中心の生活を送るような人は、だんだん相手が「彼女の都合に合わせなくても、相手の方が合わせてくれるからいいや」と、自分勝手な行動をするようになります。
 

そもそも自分の世界を持っていない人は、魅力がありません。一緒にいても何の刺激も発見も得られないので、恋人はつまらなくなってくることが多いでしょう。

人は、一緒にいると何か発見できたり、自分が成長できたりする人のそばにいたいものです。逆に、暇つぶしにしかならないような退屈な相手とは、一緒に過ごす時間をだんだん作りたくなくなってきます。
 

彼に「一緒にいたい」と思わせるためにも、自分の世界を持ち、お互いに刺激し合えるような、常に成長している女性になった方がいいでしょう。
 

「都合のいい女」は、自分を大切にしていない


本来は、人に都合よく扱われていい人なんていません。誰もが大切にされるべき存在です。だから、もし都合よく扱われたときは、「相手は失礼な人なんだ」ということを、きちんと認識しましょう。
 

都合よく扱われて平気でいる女性は、自分のことを大切にできていません。まずは自分が自分を大切に扱えるようになることが大切です。
 

自分を大切にして、彼がいなくても日々を楽しめるほど魅力のある人になって、都合のいい女から抜け出しましょうね。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない