彼氏・旦那は大丈夫?女性目線で見る残暑のNGメンズファッション

隣にいる彼氏や旦那さんには、特別オシャレじゃなくてもいいけど、外さない、できればさりげなくオシャレ見えするぐらいのファッションをしてほしいものですよね。そんな女性目線から、男性がついやりがちなカジュアルコーデのNGポイントをお伝えします!

女性目線! メンズファッションで避けて欲しい5つのポイント

メンズコーデは一見シンプルでも、NG項目があった!

女性に比べどうしてもバリエーションが少なくなるメンズファッション。コーデも簡単そう!? でもごまかせないからこそ、実は避けるべきNGがあるんです。いつも隣にいる旦那さんや彼氏には、特別オシャレじゃなくてもいいけど、外さない、できればさりげなくオシャレ、ぐらいのファッションをして欲しい! そんな女性目線でチェックした、メンズファッションのNGについてご紹介します。
 

着こんだ無地の白Tシャツは、たるんだお腹が悪目立ち!

万能アイテムだけど、同時に要注意なのが無地の半袖Tシャツ。30代半ばに近づくと代謝が悪くなり、ずっと細身だった男性でもお腹がぽっこり、たるんでくることも……。そんな時に白Tを着ると、さらに目立ってしまいます。

ぽっこり回避のコツは、ヘビーウェイトなどなるべくハリのあるコットン製の白Tを選ぶこと。ネイビーやブラックなど、分かりやすいダークカラーもおすすめです。着こんでクタクタになったTシャツは着心地が良くて涼しいのも分かりますが、てろんとお腹に沿った生地感が肌着っぽく見えてしまうことも。

体型があらわになってしまうので、Tシャツのコンディションには気を配って。プチプラで良質なものも多いので、首回りが伸びたりしていたら買い替え時です。


お腹の丸みも目立つ! 短パンが短すぎ問題

似合うと抜群に爽やかだけど‥‥‥難易度高めな短パン

暑い時期はやっぱり短パンが便利。でも大人の男性には、短すぎる丈は残念ながら×。アウトドア用、ビーチ用など目的があって履くならOKですが、街中での膝丸出しのショートパンツは、子供っぽく見える上、上半身が目立つのでお腹周りの丸みが強調されることにも。トップスとのバランスも難しいので、膝は隠れるぐらいのハーフ丈が使いやすくて◎。ポケットが目立つカーゴ系も、古い印象なのであまりおすすめできません。
 

男性は配色が苦手……チグハグな色使いに注意

一般的に、男性は女性に比べ色合わせが得意ではないそう。ファッションにこだわりのある一部の人をのぞくと、違う色を合わせて着回していく、というのは苦手で、「差し色」の感覚もあまり分からない、という人も。そのため全身の中にいろんな色をいれてしまいがち。黒、紺、ネイビー、グレーなど、地味だけど基本色がバラバラ、という失敗パターンも見かけます。

「コーデは3色以内」の基本ルールを押さえつつ、差し色(特に目立つ黄色やオレンジ、グリーン系、ブルー系など明るい色)がゴチャゴチャしていないかどうか、が要注意ポイントです。


プリントTシャツ×柄シャツの重ね着は若い子向け

ロゴTやプリントTに、チェックなど柄物の半袖のシャツを前を開けて重ね着するコーデ。見かける率がかなり高いメンズコーデですが、実はコレ、大学生など20歳前後の子に多い着こなしで、30代以上の男性にはNG。ロゴや柄が重なってうるさく見え、若い頃を引きずった着こなしが逆にダサい印象に。大人のレイヤードはとにかくシンプルに引き算が基本。ロゴTなら無地のシャツで、シックにまとめるのが吉。
 

クロックスや健康サンダル系は街履きNG

その辺で売っているもので揃えた、ただの手抜きコーデになってしまうので、ラフなサンダルに短パンで街に出てしまうのはNG。楽チンなスリッポンや夏素材のサンダルもたくさんあるので、選択肢を広げてみてください。
 

何気ない着こなしを「やめる」だけでオシャレ見えすることもあります。ぜひご自身やパートナーのファッションを振り返ってみて下さいね! 以上「彼氏・旦那は大丈夫? 女性目線で見る残暑のNGメンズファッション」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応