それダメ!正直おばさんっぽい夏のNGカジュアルコーデ

夏ファッションは、暑さが続くと快適さを優先してしまいがち。でも、一歩間違えるとおばさん化してしまうコーデも存在します!今回は街で見かける、ついやりがちな、NGおば見えコーデをご紹介。知っておくだけで避けられるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

夏は「おば見え」する無難なコーデに要注意!

暑い夏についやってしまいがちな楽チンコーデ。でもその中には、おばさんっぽいな、老けて見えるな……と思われているコーデが残念ながら存在します。詳しくお伝えしていきます。
 

白紺ボーダーに楽チンな太ボトムス

街で絶対かぶるこのコーデは、もはや手抜きに見えてしまいます

かぶり率ナンバーワンのトップスと言えば、白地に紺ボーダーのTシャツ。半袖、七分袖、ノースリーブからパジャマまで、老若男女が愛用していますよね。どんなプチプラブランドでも確実に扱っている柄なので、もはやかぶり率が半端ない! でもこれ、敷居が低すぎるアイテムのため、オシャレに着ているか、ダサいか、が実は一目瞭然のアイテムでもあるんです……。
 

特に40代以上の女性では、太めシルエットのボトムスを合わせるとあっという間におばさん化してしまいます。白紺ボーダーを着る時は、細身パンツやきれいめのスカートなど、どこか女性らしく、辛口にまとめることを心がけて。
 

ゆるいトップスにワイドパンツ

猛暑の日は、少しでも涼しそうな、ゆるいトップスにワイドパンツを選んでしまいがち……。ですが、この組み合わせは、もっとも体をだらしなく見せてしまうのでNG。相当こだわって色やシルエットを選ばないと部屋着のように見えてしまい、気を抜いたおばさんコーデに見えてしまうかも!

下がゆるっとしたシルエットの時は、上はタイトめに

ボトムスがゆるめの形なら、トップスはなるべくスマートに、タイトにまとめて。例えトップスがジャストサイズでも、速乾性のある素材や、コットン100%を選ぶなどすれば、そこまで暑さは変わりません。シルエットがごまかせない夏こそ、全体のバランスに気を付けるのが脱・おば見えのコツ。
 

フリルTにフレアスカート

甘め派の方に本当によく見かける組み合わせ。ですが、30代後半からのこのコーデは、腰回りのどっしり感が悪目立ちすることも……。背中や腰の後ろにどうしてもお肉がつく世代なので、上下共に甘いテイストはそろそろ限界。「若作りしているおばさん」に見えてしまうので、トップスかボトムスのどちらかを甘くしたら、もう一方は辛口のアイテムを選ぶのが鉄則です。
 

Tシャツにサロペット

パンツもスカートもワンピースも持ってるし、目新しく、持っていないアイテムだし、オシャレに見えそう、などの理由で人気なのがサロペット。インナーも合わせやすく、ストラップのデザインに関わらず、すぽっと着やすく、動きやすいとの声もよく聞かれます。

でもこのサロペット、実は太って見える、寸胴に見えるというデメリットがありました。足や腕を出したくない大人の女性でも、唯一メリハリをつけやすいウエストをすっぽり覆ってしまうので、全体が丸味を帯びてしまいます。シルエットもほっこり系なので、特にTシャツを合わせると子供っぽくなり、大人の雰囲気とチグハグで微妙……! あまりおすすめできないコーデです。
 

一見無難で問題なさそうなコーデの中に、おば見えの要素は隠れています。いま一度、該当するコーデをしていないか、ぜひ振り返ってみて下さいね!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない