似合うのは何歳まで?「黒」を着る時に気を付けたいこと

何にでも合う、オールマイティーな「黒」のアイテム。なのに、最近なんだか似合わなくなってきた!?と感じることはありませんか? そこで今回は黒が似合わなくなる理由、年齢別の黒の取り入れ方、気を付けたいことについて詳しくお伝えしていきます。

実は「黒」は永遠に似合う万能色ではない!?

「黒い服なら一生着られるし」は間違いです!

好きな色を聞くと「黒が好き」という女性は結構多いですよね。何にでも合うという絶対的な安心感があり、オシャレっぽく見えて、体型を引き締める効果もあるのでつい黒ばっかり着てしまう、という方も多いのだとか。

でも、この黒、実は永遠の万能カラーという訳ではないんです! では、何歳までOKなのか?という気になる点について、詳しくお伝えしていきます。
 

黒が似合わなくなるシンプルな理由

黒はどの色も塗りつぶせてしまうような、力強い色。白が膨張して見えるのに対し、黒は輪郭をくっきりと際立たせ、締まって見えるので、着やせ効果にもつながります。

しかし、女性は歳を重ねていくにつれ、だんだんと丸みを帯び、皮膚も弾力を失い、全体的に柔らかい印象になるもの。10代、20代は身体そのものにも弾けるような強さがあるので、同じ強さを持つ「黒」とベストなバランスを保てます。しかし、年齢を重ねた柔らかい印象の身体と、黒の強さはだんだんアンバランスに……。

時には幸薄そうに見えたり、貧相に見えたり、あまり嬉しくないイメージに仕上がってしまうことも。そのため、黒を着こなすには押さえるべきポイントがいくつかあります。
 

どんな黒も着こなせるのは30歳まで

今の30歳は若く見えることがほとんどなので、どんなテイストでも特に意識せず黒を着られます。ちなみに若い時しか着られない黒のアイテムと言えば、元気系、甘い系のミニワンピースやミニスカートにショートパンツなど露出多めのもの、Aラインなどプリンセス風のワンピースなど。
 

30代前半はまだ甘いデザインが似合う場合もありますが、新しい黒アイテムを購入するときは、だんだんとシンプルなデザインを選ぶようにしていくと、結果的に長く着られます。
 

35歳を過ぎたらデザインに気を付けて

甘い感じの黒アイテムを着た時に、違和感を感じるのがこの年齢。大きなフリルやペプラム、パフスリーブやふんわりした膝丈スカートなど、甘めデザインはいくら黒でも似合わなくなってきます。

35歳以上では、デザインはシンプル一択がベスト。方向性として辛口はOKですが、モード過ぎても怖い感じに見えがちなので、黒アイテムはシルエットが体型に合っていて、キレイかどうかを最優先にしてみて下さい。
 

40歳を過ぎたら素材+デザインに注意

節目である40歳を過ぎたらデザインに加え素材感が重要。シンプルなシャツでも、パリッとハリのあるコットンだと、顔が負けるようになります。シャツならよりナチュラルなリネンや、とろみ素材をチョイスして。ニットならハイゲージのものよりはリブやモヘアにするなど、より柔らかいイメージの黒を選ぶのがポイントです。
 

45歳を過ぎたらネイビーメインに切り替えて

ネイビーが「地味」ではなく「品よくオシャレ」に見えるようになるのは嬉しい!

いくら若い時と同じ体型をキープしていたとしても、45歳を過ぎたら似合うものは変わる、と気持ちを切り替えたほうが、結果的にオシャレ見えします。この年齢に似合うのは黒よりまろやかなネイビー。

これまであんまり着てこなかった……という方も、この年齢になると、ネイビーの持つ知的さや品の良さが生きて、若い子よりも素敵に似合うようになります。ワンピースやジャケットなどフォーマル寄りの黒アイテムが、喪服っぽく見えてしまうこともある年代ゆえ、ネイビーにぜひトライしてみて下さい。

歳を取った……と嘆く必要は全くなし! その時に似合うものを上手に活用して、ファッションを楽しんでくださいね。以上「似合うのは何歳まで?「黒」を着る時に気を付けたいこと」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた