あの人気フレーバーが今年も!ハーゲンダッツ「香る珈琲バニラ」発売

ハーゲンダッツは、5月22日(火)より、ミニカップ「香る珈琲バニラ」を今年も期間限定にて全国で発売。爽やかな後味のコーヒーソルベと濃厚でコクのある滑らかなバニラアイスクリームを合わせ、コーヒーの香りと苦味が際立つ本格的な味わいが特長です

コーヒーの香りと苦みにこだわったコーヒーソルベ×バニラアイス

ハーゲンダッツは、5月22日(火)より、ミニカップ「香る珈琲バニラ」を今年も期間限定にて全国で発売。こちらは、3年間発売をしていたミニカップ 「珈琲バニラ」を昨年リニューアルし、大好評を博したものだとか。 


爽やかな後味のコーヒーソルベと濃厚でコクのある滑らかなバニラアイスクリームを合わせ、コーヒーの香りと苦味が際立つ本格的な味わいが特長です。
※ソルベ(Sorbet):「シャーベット」のフランス語


 

淹れたてのコーヒーのような味わいを実現した、その秘密とは…

ハーゲンダッツによると、近年人気のサードウェーブコーヒーといわれる、丁寧に一杯ずつハンドドリップしたコーヒーの味わいを追求し、新たなコーヒーフレーバーを開発。そんな本格的な香りと苦みを実現した秘密は、コーヒー抽出液の水分だけを凍結させて取り除くという「凍結濃縮製法」と「コーヒーオイル」だといいます。


手摘みしたコロンビア産のアラビカ種完熟豆を使用し、高温で一気に抽出したコーヒーエキスを、熱を加えずに凍結濃縮することで風味劣化を防ぎ、フレッシュなアロマを維持。さらに、豆の中にある油脂分を抽出したコーヒーオイルを加えることで、芳醇な香りとキレのある苦みが広がるのだそう。

「ハーゲンダッツ ミニカップ 香る珈琲バニラ」(期間限定)110ml 294円(税込み)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応