東方神起のライブツアーとの連動企画が横浜市で開催

「東方神起 in YOKOHAMA」 スタンプラリー台紙(2018年5月27日撮影)
「東方神起 in YOKOHAMA」 スタンプラリー台紙(2018年5月27日撮影)

横浜市では、人気アーティスト・東方神起(とうほうしんき)とのコラボレーション企画「東方神起 in YOKOHAMA スタンプラリー」を2018年5月25日(金)~6月11日(月)まで開催している。6月8日(金)から3日間、日産スタジアムで開催される「東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM」との連動企画で、「新横浜ラーメン博物館」「マルイシティ横浜」「崎陽軒本店ショップ」「よこはまコスモワールド」「ランドマークプラザ」「横浜マリンタワー」の6ヵ所にスタンプ台を設置している。
 

約7万人収容という国内最大規模の日産スタジアムで、アーティストのライブが3日間連続で開催されるのは、今回史上初めてのこと。東方神起にとっては、日産スタジアムでのライブは、2013年以来2度目となる。
 

各施設ではそれぞれ独自のコラボレーション企画も実施

これまで横浜市では、映画やアニメ、ドラマとのスタンプラリーを多く実施してきたが、アーティストのライブと連動したスタンプラリーは初めて。横浜市文化観光局の担当者は「20万人超を動員するイベントなので、イベントと合わせて横浜の街を楽しんでいただければ」と話す。

各施設では、スタンプ台設置と合わせて、それぞれ独自のコラボレーション企画も行っている。コラボ内容は次の通り。
 

  • 新横浜ラーメン博物館(新横浜)

1.「東方神起×熊本ラーメン こむらさき」コラボラーメン販売(6月1日~)
2.メモリアルフォトスポット(新横浜ラーメン博物館ver.)(要入場料、1階ギャラリースペース)

メモリアルフォトスポット(新横浜ラーメン博物館ver.)(画像提供:新横浜ラーメン博物館)
メモリアルフォトスポット(新横浜ラーメン博物館ver.)(画像提供:新横浜ラーメン博物館)

「東方神起×熊本ラーメン こむらさき」コラボラーメン(1食入、480円税込)。新横浜ラーメン博物館「1階ミュージアムショップ」、JR新横浜駅「新横浜ラーメン博物館ギフトショップ」(いずれも6月1日~)、「新横浜ラーメン博物館」の通販サイト(6月11日~)にて販売。売り上げの一部は、平成28年熊本震災への義援金に充てられる(画像提供:新横浜ラーメン博物館)
「東方神起×熊本ラーメン こむらさき」コラボラーメン(1食入、480円税込)。新横浜ラーメン博物館「1階ミュージアムショップ」、JR新横浜駅「新横浜ラーメン博物館ギフトショップ」(いずれも6月1日~)、「新横浜ラーメン博物館」の通販サイト(6月11日~)にて販売。売り上げの一部は、平成28年熊本震災への義援金に充てられる(画像提供:新横浜ラーメン博物館)

URL:新横浜ラーメン博物館 http://www.raumen.co.jp/
 

  • マルイシティ横浜(横浜駅東口)

1.メモリアルフォトスポット(マルイシティ横浜 ver.)(2階イベントスペース)

メモリアルフォトスポット(マルイシティ横浜 ver.)(2018年5月27日撮影)
メモリアルフォトスポット(マルイシティ横浜 ver.)(2018年5月27日撮影)

URL:マルイシティ横浜 https://www.0101.co.jp/077/
 

  • 崎陽軒本店ショップ(横浜駅東口)

1.東方神起コラボ MINI プレミアムシウマイ弁当販売(6月8日~6月10日)

スタンプ台の設置は崎陽軒本店1階(9:00~21:00)(2018年5月27日撮影)
スタンプ台の設置は崎陽軒本店1階(9:00~21:00)(2018年5月27日撮影)

東方神起コラボ MINI プレミアムシウマイ弁当(1050円税込)。崎陽軒本店ショップ、タカシマヤ横浜店、キュービックプラザ新横浜タカシマヤフードメゾン新横浜店、ランドマークプラザ店の直営4店舗で販売。各所なくなり次第終了(画像提供:崎陽軒)
東方神起コラボ MINI プレミアムシウマイ弁当(1050円税込)。崎陽軒本店ショップ、タカシマヤ横浜店、キュービックプラザ新横浜タカシマヤフードメゾン新横浜店、ランドマークプラザ店の直営4店舗で販売。各所なくなり次第終了(画像提供:崎陽軒)

URL:崎陽軒 http://kiyoken.com/
 

  • よこはまコスモワールド(みなとみらい21地区)

1.大観覧車「コスモクロック21」ライトアップ東方神起 ver.(6月7日~11日 日没~24:00)

よこはまコスモワールドのスタンプ台は「ワンダーアミューズゾーン」1階インフォメーション前。大観覧車コスモクロック21のふもとが目安(2018年5月27日撮影)
よこはまコスモワールドのスタンプ台は「ワンダーアミューズゾーン」1階インフォメーション前。大観覧車コスモクロック21のふもとが目安(2018年5月27日撮影)

URL:よこはまコスモワールド http://cosmoworld.jp/
 

  • ランドマークプラザ(みなとみらい21地区)

1.メモリアルフォトスポット(ランドマークプラザ ver.)(3階公共歩廊中央エレベーター向かい)

メモリアルフォトスポット(ランドマークプラザ ver.)(2018年5月27日撮影)
メモリアルフォトスポット(ランドマークプラザ ver.)(2018年5月27日撮影)

URL:横浜ランドマークタワー https://www.yokohama-landmark.jp/
 

  • 横浜マリンタワー(山下エリア)

1.メモリアルフォトスポット(横浜マリンタワー ver.)(2階スペース ※無料)
2.東方神起オリジナル 展望フロア入場チケット販売(6月1日~、入場料: 大人750円、なくなり次第終了)
3.ライトアップ東方神起 ver.(6月7日~11日、日没~24:00)

​ メモリアルフォトスポット(横浜マリンタワー ver.)(画像提供:横浜マリンタワー)
​ メモリアルフォトスポット(横浜マリンタワー ver.)(画像提供:横浜マリンタワー)
6月7日~11日の5日間限定で横浜マリンタワーが「赤」に染まる「ライトアップ東方神起 ver.」開催(画像はイメージ、画像提供:横浜マリンタワー)
6月7日~11日の5日間限定で横浜マリンタワーが「赤」に染まる「ライトアップ東方神起 ver.」開催(画像はイメージ、画像提供:横浜マリンタワー)

URL:横浜マリンタワー http://marinetower.jp/


スタンプラリーと合わせて「東方神起 直筆サイン入りグッズ」プレゼント企画も実施。スタンプラリー台に書かれているキーワードを6つ集めて、郵便はがきで応募すると抽選で5名にグッズが当たる。応募したい方は、キーワードをメモするのをお忘れなく。応募については、スタンプラリー台紙にて。

たいへん好評のため、スタンプラリー主催者は「スタンプラリーの専用台紙は数に限りがあります。多くの方に楽しんでいただけますよう、お一人様につき1枚でお楽しみください」と呼びかけている。
 

スタンプラリーに使える東方神起オリジナルデザイン1日乗車券も発売

「東方神起 in YOKOHAMA」スタンプラリー 東方神起オリジナルデザインみなとぶらりチケットワイド(大人550円、小児280円)。市営地下鉄ブルーライン駅事務室(新横浜駅、横浜駅、桜木町駅、関内駅)にて販売。初日のみ10:00~(画像は見本、画像提供:横浜市交通局)
「東方神起 in YOKOHAMA」スタンプラリー 東方神起オリジナルデザインみなとぶらりチケットワイド(大人550円、小児280円)。市営地下鉄ブルーライン駅事務室(新横浜駅、横浜駅、桜木町駅、関内駅の計4駅)にて販売。初日のみ10:00~(画像は見本、画像提供:横浜市交通局)

横浜市交通局では「東方神起 in YOKOHAMA」スタンプラリー 東方神起オリジナルデザインみなとぶらりチケットワイドを発売する。横浜市営バス(横浜~元町・港の見える丘公園、三溪園)と横浜市営地下鉄ブルーライン(横浜駅~伊勢佐木長者町駅、新横浜駅)が乗り降り自由となる。6月8日(金)から数量限定で販売。


オールアバウト横浜ガイドが考えた、同乗車券を利用したモデルルートは下記の通り。

①横浜駅東口からマルイシティ横浜
②2階出入口から歩道橋を利用し、崎陽軒本店ショップ
③横浜駅東口バスターミナルから横浜市営バス105系統、8・148系統に乗車<約10分> ※1
④紅葉坂で下車し、3分ほど歩き、ランドマークプラザ
⑤徒歩約10分、よこはまコスモワールド
⑥「万国橋・ワールドポーターズ前」のりば2から観光スポット周遊バス「あかいくつ」Cルートに乗車<約30分> ※2
⑦マリンタワー前で下車し、横浜マリンタワー
⑧マリンタワー前にて横浜市営バス26系統に乗車<約10分>
⑨桜木町駅前で下車し、横浜市営地下鉄桜木町駅で「ブルーライン」に乗車<約15分>
⑩横浜市営地下鉄新横浜駅にて下車し、約5分歩き、新横浜ラーメン博物館

※1:土日祝は「ぶらり観光SAN路線」桜木町駅前下車も利用可
※2:万国橋・ワールドポーターズ前(のりば1、あかいくつ桜木町駅前ゆき、約1分)⇒合同庁舎前(のりば2から26系統)を利用すると約15分
 

東方神起が「DDD」の次世代育成プログラムを応援

日産スタジアム3days開催に際して、横浜市との取り組みとして「Dance Dance Dance@YOKOHAMA2018(以下、DDD)」の次世代育成プログラムを応援する。DDDは、3年に一度、横浜市で開催される日本最大級のダンスフェスティバルで、その一環として、東方神起がダンスの楽しさを届けるプログラムを応援する。

第1弾は、東方神起のバックダンサーをつとめる「東方神起ダンサーズ」との夢のコラボ―レーションとして、関東学院大学ストリートダンス部でワークショップを実施。東方神起ダンサーズのメンバーからレッスンを受けた関東学院大学ストリートダンス部「BEP-HOP」 がダンスパフォーマンスを披露する。6月9日、10日に日産スタジアム・コミュニティーエリアで開催予定、時間は14:00~14:30。誰でも無料で観覧できる。

URL:Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018

「東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM」に足を運ばれるファンの方はもちろん、ファンならずとも「東方神起 in YOKOHAMA」 スタンプラリーやコラボレーション企画を楽しんでみては。

(C)AEI/S.M. ENTERTAINMENT JAPAN

URL:東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM 特設サイト


【関連記事】
新横浜エリアのおすすめ観光&グルメスポット
早朝オープンも!新横浜のおすすめカフェ、ベーカリー
新横浜ラーメン博物館へ行こう
ラー博で「はしご」を楽しむ、ベストマッチ・ラーメン