芳ばしくてクセになる!スタバ「加賀棒ほうじ茶フラペチーノ」登場!

スターバックスは、日本ならではの食文化を、その背景とともに独自の視点で編集し、ビバレッジやフード、グッズなど様々なかたちで提案する“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”をスタート。第1弾として、5月30日より「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」を販売

“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”がスタート!

国内外から東京・日本に注目が集まりはじめるなか、スターバックスは、「いつもの世界を、ほんの少し違う角度で見つめてみると、意外と知らないことがいっぱいでワクワクする」という想いから、このプロジェクトを企画。日本ならではの食文化を、その背景とともに独自の視点で編集し、ビバレッジやフード、グッズなど様々なかたちで日本の若者に向けて提案していくといいます。
 

プロジェクト第1弾は、芳しい香りあふれる「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」

「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」 Tall ¥620(本体価格) 2018年5月30日(水)~7月19日(木) に、全国のスターバックス店舗にて販売。※なくなり次第終了

黄金色に輝く「加賀 棒ほうじ茶」を豊かに用いた「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」が、5月30日(水)より全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて発売されます。

スターバックスによると、このプロジェクトを始めるにあたり、知られざるストーリーを持つ日本の素材や文化を模索するなか、まず日本独特の茶文化に目がとまったそう。そして、石川県から始まった、お茶の茎部分だけを浅く焙じるという “加賀 棒ほうじ茶”に注目。明治35年、お茶は庶民には手の届かない大変高価なものでしたが、金沢の茶商・林家新兵衛が捨てる部分であった茎を焙じて売り出したところ人気になったのだとか。そんな奥深さを感じる“加賀 棒ほうじ茶”を用いて、日本文化のひとつであるお茶をカジュアルに楽しめるフラペチーノ®に仕立てました。

芳ばしく華やかな香りながら料理の味を邪魔しない軽やかな味わいが、長く加賀地方を中心に愛されてきたこの棒ほうじ茶に、スターバックスらしく、ふんわりと仕立てたホワイトチョコレートクリームと加賀棒ほうじ茶ジェリーをトッピング。デザート感覚のドリンクとして楽しめる「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」を通じて、日本の素敵なモノゴトをあらためて感じてみてはいかが?


 

“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”のインスタグラムもチェック!

「知らない日本にもっとワクワクしよう!」という想いから、“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”公式インスタグラムアカウントが5月29日(火)にスタート。「日本にこんな場所があったんだ!」「こんな素敵な文化があるんだ!」など、驚きを秘めたスポットや文化、ストーリーなど、日本の“WONDER”の数々を発見し、紹介するのだそう。 
 
<スターバックス JAPAN WONDER PROJECT公式> 

■公式インスタグラムURL:https://www.instagram.com/STARBUCKS_jwp/ 
■公式アカウント名:@starbucks_jwp 
※5月23日よりフォローできる

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も