映画『ワンダーストラック』公開!映像の色が2つの時代を映し出す

カラー映画が主流となった1980年代以降、モノクロ映像が与える効果を狙った映画も作られるようになりました。トッド・ヘインズ監督の新作『ワンダーストラック』もそんな作品の1つ。映像の色と記憶の関係に気づかせてくれる作品です。

「夢の色」は年代によって異なる

皆さんの夢には色がついていますか?それとも古い映画のように色のないモノクロ映像でしょうか?
 

アメリカ心理学会(APA)で発表された「夢の色」に関する調査によると、被験者の年代によって顕著な違いが見られたそうです。
 

1993年と2009年に、10代から80代までの被験者を対象に行われた調査によると、カラーの夢を見ると答えた被験者は、1963年以降に生まれた人が約80パーセントを占め、1949年よりも前に生まれた人は20パーセント程度だったといいます。
 

アメリカでは、1930年代からカラー映画が制作されるようになり、1954年にテレビでカラー放送が始まりました。この調査を行った心理学者たちは、世代間における夢の色の違いは、カラーテレビの普及によるものではないかと述べています。
 

夢は記憶の断片から作られる

私たちが見る夢は、記憶の断片をつなぎ合わせたものだと考えられています。記憶の断片とは、その人が目覚めている間に各種感覚器を通して、脳に蓄積された情報のこと。視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感だけでなく、痛覚、温度感覚、平衡感覚、落下感など、さまざまな情報が脳に蓄積されています。
 

夢とは、目覚めている間に取り入れた感覚の情報が再現されるものと考えることができますが、「夢を見る」というように、夢に感触や匂い、味を感じる人は少ないようです。
 

他の哺乳類と異なり、人間はさまざまな感覚の中でも、特に視覚、色覚が発達しています。周囲の様子を認識・理解する際、主に視覚を働かせます。そのため、脳に蓄積された視覚情報には、テレビ視聴による記憶も多く含まれています。さらに、実際に見たものだけでなく、想像によって創り出した情報も含まれています。
 

映像の色が与える効果

日本では、1970年代にはカラー映画が主流となり、一般家庭にカラーテレビが普及しました。当時のテレビはブラウン管でしたが、21世紀に入ると、液晶、プラズマなど薄型・大型カラーテレビが普及します。ハイビジョン、3D、4Kなど、私たちを取り巻く映像は、ますます美しくなり、パソコンやスマートフォンでも気軽に動画を楽しめるようになってきました。
 

その一方で、1980年代から、スティーブン・スピルバーク監督の『シンドラーのリスト』など、モノクロの映像が与える効果を狙って製作者側が意図的にモノクロを選んだ作品も登場します。モノクロ映像は、カラー映像が普及する前の時代を映し出すのに適した手法だと言えるでしょう。
 

1977年と1927年が交差する物語

1977年、少年ベンの物語はカラー映像で進行します。映画『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski
1977年、少年ベンの物語はカラー映像で進行します。映画『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski


映画『エデンより彼方に』『キャロル』などで知られるトッド・ヘインズ監督の新作『ワンダーストラック』も、モノクロ映像の効果を取り入れた作品です。本作では、1977年のミネソタに住む少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む少女ローズという2人の子供たちを主人公に、2つの物語が交互に語られていきます。
 

1927年、少女ローズの物語はモノクロ映像で進行します。映画『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski
1927年、少女ローズの物語はモノクロ映像で進行します。映画『ワンダーストラック』PHOTO : Mary Cybulski


1977年のベンは落雷で聴力を失い、1927年のローズは生まれた時から耳が聞こえません。ベンの物語はカラー映像、ローズの物語はモノクロ映像、2つの時代を行き来する壮大な世界観のなか、最後に2人の主人公を結ぶ謎が明かされていきます。
 

映画『ワンダーストラック』のメイキング画像 映画ではモノクロ映像ですが、撮影現場には色があります PHOTO : Mary Cybulski
映画『ワンダーストラック』のメイキング画像 映画ではモノクロ映像ですが、撮影現場には色があります PHOTO : Mary Cybulski


映画の楽しみ方は人それぞれですが、映像の色と記憶の不思議な関係に想いを巡らせてみてはいかがでしょうか?
 


【公開情報】
『ワンダーストラック』
2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー
監督:トッド・ヘインズ
脚本・原作:ブライアン・セルズニック
出演:オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ
配給:KADOKAWA
(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
公式サイト:http://wonderstruck-movie.jp

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望