フィリピン北部の経済都市へ週3往復、片道5960円から

ジェットスターの大阪発クラーク行き初便に搭乗する運航乗務員が搭乗ゲート前で記念撮影 / 筆者撮影

ジェットスター・アジア航空(以下、ジェットスター・アジア)の大阪(関西)=クラーク線が2018年3月27日に就航した。この空港間での直行便就航は初。週3往復で、片道5,960円より販売する。大阪からの初便の出発前には搭乗ゲートの前で記念撮影なども行われた。


クラークはマニラから車で約2時間の場所に位置する都市で、近年、フィリピン政府が進める再開発計画もあって日系企業が既に20社ほど進出するなど、日本とのビジネスでの行き来が盛んになりつつある。2017年11月にはアセアン(東南アジア諸国連合)首脳会議などもクラークで開催された。

この就航により、ジェットスターは日本=フィリピン間の運航が週最大42便となるなど、他のLCCなどに先駆けてフィリピン路線に力を入れている。

【運航スケジュール】
3K778 大阪(関西)-クラーク 12時55分発/16時15分発
3K777 クラーク-大阪(関西) 7時発/11時55分発
※運航はいずれも火・木・土。時刻は現地時間
 

関空では就航記念イベント、初便はほぼ満席で出発

チェックインカウンター付近でジェットスターのマスコットキャラクター「ジェッ太」が搭乗客をお見送り / 筆者撮影

就航当日、大阪の関西国際空港では就航記念イベントが実施された。

まず、チェックインカウンターがジェットスターのバルーンで彩られ、ジェットスターのマスコットキャラクター「ジェッ太」がチェックインを終えた搭乗客をお見送り。そして、スタッフが搭乗記念グッズを手渡した。ここで一緒に記念撮影をする搭乗客も多かった。

ゲートの前でもスタッフが記念ボードを持って搭乗客を見送った / 筆者撮影

その後、搭乗ゲートでもスタッフが記念ボードを手に持ち、搭乗客を見送った。なお、使用機材はエアバスA320型機(180席)。

大阪からの初便となった3K778便はほぼ満席で、定時に出発し、フィリピンのクラーク国際空港に向かった。
 

フィリピン政府が経済支援するクラーク、近郊へ観光も

ジェットスターはフィリピン路線ではクラークに加え、既にマニラへも就航している。特にクラーク線ではビジネス需要も期待されている / 筆者撮影

ジェットスター・アジア航空はシンガポールを拠点に2004年12月に就航し、アジア太平洋地域で13か国・地域26都市に就航し、週600便以上を運航するLCC。今回はシンガポール=クラーク線を延長する形での大阪(関西)への就航となった。

大阪からクラークに向けて出発するジェットスター・アジア航空の初便 / 筆者撮影

ジェットスターによると、大阪(関西)=クラーク線での乗客の割合はフィリピン人が7、8割を占めるとのこと。しかし、現在唯一の直行便であることから、日本とフィリピンのビジネス客はもちろん、注目が集まりつつあるフィリピンへの観光需要として、クラークに加えてアンヘレスやマバラカットなど近隣都市についても積極的にアピールしていきたいとのこと。

LCCならではのリーズナブルな運賃に加え、平日や週末に利用しやすい運航スケジュールは利便性も高く、ジェットスターが既に運航するマニラ便などと合わせての旅もおすすめだ。
 

【関連リンク】
ジェットスター